HOME > 生活・療養 > もしも、がんと言われたら —まず、心がけておきたいこと > あなたを支える「がん相談支援センター」

あなたを支える「がん相談支援センター」

更新・確認日:2013年09月12日 [ 履歴 ]
履歴
2013年09月12日 掲載しました。

1.がん相談支援センターとは?

がん相談支援センターとは、全国のがん診療連携拠点病院に設置されている「がんの相談窓口」です。患者さんやご家族のほか、どなたでも無料でご利用いただけます。がん診療連携拠点病院で診療を受けていない方も利用できます。

がん相談支援センターでは、がん専門相談員としての研修を受けたスタッフが、信頼できる情報に基づいて、がんの治療や療養生活全般の質問や相談に対応します。担当医に直接話しにくいことも含めて、必要な情報を一緒に探し、わかりやすく説明してくれます。その際、お話しいただいた内容が、あなたの了承なしに第三者に伝わることはありません。

がん相談支援センターは、設置される医療機関によって「医療相談室」「がん相談支援室」など、いろいろな名前で呼ばれています。また、相談は、面談、電話、電子メールなど、いくつかの方法で受け付けており、匿名でも受けることができます。

あなたの地域のがん診療連携拠点病院やがん相談支援センターについては以下のページもご覧ください。

がん診療連携拠点病院を探す
がん相談支援センターを探す
がんの相談窓口「がん相談支援センター」

2.あなたとあなたの大切な人を支える相談窓口

がん相談支援センターでは、まず、あなたの気持ちや思いに耳を傾けることから支援を始めます。これからの治療や生活のことも一緒に考えます。
イメージイラスト

【がんになったら手にとるガイド】
がん相談支援センターにご相談ください

もしも、がんと言われたら
206.もしも、がんと言われたら(PDF)


がん相談支援センターにご相談ください
001.がん相談支援センターにご相談ください(PDF)

がんの相談窓口「がん相談支援センター」
病院を探す-がん診療連携拠点病院を探す
病院を探す-がん相談支援センターを探す
知っておきたいがんの基礎知識
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ