がん情報サービス

骨髄抑制

こつずいよくせい
がん治療の副作用によって骨髄の働きが低下している状態をいいます。血液は、骨の中にある骨髄でつくられていますが、この骨髄が抗がん剤の影響を受けると、血液細胞をつくる機能が低下し白血球・赤血球・血小板が減少し、貧血などが起こります。
用語集
このページの先頭へ