がん情報サービス

救援療法/救援化学療法(きゅうえんりょうほう/きゅうえんかがくりょうほう)

主に造血器腫瘍において、治療の効果が得られない場合(治療抵抗性)、あるいは再発・再燃した場合に用いる治療を、救援療法もしくは救援化学療法と呼びます。
がんの種類によって治療内容は異なりますが、その多くは複数の薬(抗がん剤など)を組み合わせた治療となります。救済療法、サルベージ療法と呼ばれることもあります。
用語集
このページの先頭へ