がん情報サービス

リンパ節(りんぱせつ)

体全体にある免疫器官の1つです。免疫とは、「疫病(病気)を免れる」ことを意味する言葉で、自分の体の外から入ってきた細菌やウイルスなどの敵(非自己)や、変質した自分の細胞(腫瘍細胞など)を攻撃・排除する働きのことです。リンパ節は、全身の組織から集まったリンパ液が流れるリンパ管の途中にあり、細菌、ウイルス、腫瘍細胞などがないかをチェックし、免疫機能を発動する「関所」のような役割を持ちます。リンパ節は、1〜25mmの大きさで、中には免疫担当細胞であるリンパ球が集まっています。リンパ節が腫脹(腫(は)れて大きくなること)する原因としては、感染症、免疫・アレルギー異常、血液のがん、がんの転移などがあげられます。
用語集
このページの先頭へ