がん情報サービス

ランダム化比較試験

らんだむかひかくしけん
更新・確認日:2021年01月14日
研究の対象者を2つ以上のグループにランダムに分け(ランダム化)、治療法などの効果を検証することです。ランダム化により検証したい方法以外の要因がバランスよく分かれるため、公平に比較することができます。ランダム化比較試験では、患者も医師も振り分けられるグループを選ぶことはできません。無作為化比較試験ともいいます。
[RCT]英語名Randomized Controlled Trialの略
用語集
このページの先頭へ