がん情報サービス

生存率

せいぞんりつ
更新・確認日:2020年12月24日
ある一定の期間経過した集団について、その時点で生存している人の割合のことで、通常はパーセントで示されます。生存率は、治療の効果を判定する最も重要かつ客観的な指標です。部位別生存率を比較する場合やがんの治療成績を表す指標として、5年生存率がよく用いられています。どのような対象について計算しているかにより値が大きく変わることがあります。
用語集
このページの先頭へ