がん情報サービス

髄注

ずいちゅう
更新・確認日:2020年12月24日
薬を脊髄腔(せきずいくう:脊髄と硬膜の間の空間)に注入する治療で髄腔内投与ともいいます。腰椎穿刺(せんし)などにて脳脊髄液を採取した後、そこから直接細胞障害性抗がん薬などを注入します。
用語集
このページの先頭へ