がん情報さがしの10ヵ条(2008) :[国立がん研究センター がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
資料室

パンくず式ナビゲーション
TOP資料室がんの啓発ちらし・カード > がん情報さがしの10ヵ条(2008)

がん情報さがしの10ヵ条(2008)

更新日:2008年03月12日     掲載日:2007年11月07日

がん情報をさがすときに、心がける10個のポイントをまとめてみました。

1.情報は"力"。あなたの療養を左右することがあります。活用しましょう。
  いのち、生活の質、費用などに違いが生じることもあります。

2.あなたにとって、いま必要な情報は何か、考えてみましょう。
  解決したいことは?知りたいことは?悩みは?メモに書き出して。

3.あなたの情報を一番多く持つのは主治医。よく話してみましょう。
  質問とメモの準備をして。何度かに分けて相談するのもよいでしょう。

4.別の医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」を活用しましょう。
  他の治療法が選択肢となったり、今の治療に納得することも。

5.医師以外の医療スタッフにも相談してみましょう。
  看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師なども貴重な情報源です。

6.がん拠点病院の相談支援センターなど、質問できる窓口を利用しましょう。
  がん病院、患者団体などに、あなたを助ける相談窓口があります。

7.インターネットを活用しましょう。
  わからないときは、家族や友人、相談支援センターに頼みましょう。

8.手に入れた情報が本当に正しいかどうか、考えてみましょう。
  信頼できる情報源か、商品の売り込みでないか、チェックして。

9.健康食品や補完代替医療は、利用する前によく考えましょう。
  がんへの効果が証明されたものは、ほぼ皆無。有害なものもあり要注意。

10.得られた情報をもとに行動する前に、周囲の意見を聞きましょう。
  主治医は?家族は?患者仲間は?あなたの判断の助けになります。

国立がんセンター がん対策情報センター 2008年2月
がん情報さがしの10ヵ条 カード

  • がん情報さがしの10ヵ条 名刺サイズカード(PDF:354KB
  • がん情報さがしの10ヵ条 リーフレット(PDF:742KB
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり