HOME > 資料室 > がんの書籍

がんの書籍

がん対策情報センターが作成したがんに関する書籍を紹介しています。
「患者必携」は、わが国の政策である「がん対策推進基本計画」に基づいて、療養生活での不安や悩みへの対応やがん医療のことなどがん患者・ 家族の方に活用していただきたい情報を、取りまとめたものです。
また、「わたしも、がんでした。」は、がん患者さんやそのご家族、身近な方、医療関係者などに「がんと共に働き、生きる」をテーマに語っていただき、その内容をまとめたものです。治療をはじめとする悩みや心配事などにどのように向き合い、解決していけばいいのか、さまざまな立場での体験談を紹介しています。

■ 患者必携

■ その他



ちらし、カード、冊子、書籍見本版の無償提供
がん対策情報センター作成「がんの書籍」の普及・活用支援ツール(医療関係者の方へ)
都道府県などの療養情報冊子一覧
【音声版】がんになったら手にとるガイド(2011年3月発行版)
【音声版】もしも、がんが再発したら[患者必携]本人と家族に伝えたいこと(2012年3月発行)
用語集
このページの先頭へ