HOME > がん登録

がん登録

「がん登録」は、がんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管、整理、解析する仕組みのことです。

毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数)、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)、といったがんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案したり評価したりするのにとても重要です。国立がん研究センターがん対策情報センターでは、2016年1月から開始された「全国がん登録」とともに「院内がん登録」と「地域がん登録」のデータを収集、整備しています。
  • 全国がん登録
    全国がん登録は、日本で診断されたすべてのがんに関する情報を、集計・分析・管理する仕組みです。

  • 院内がん登録
    院内がん登録は、がん診療連携拠点病院などで、診断・治療されたすべてのがんに関する情報を、集計・分析・管理する仕組みです。
  • 地域がん登録
    地域がん登録は、各都道府県が地域内のがんに関する情報を、集計・分析・管理する仕組みです。

  • がん登録とがん対策
    がん登録によってがんの状況を確認することで、がん対策の立案や評価を正しく行うことができます。

アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ