濾胞性リンパ腫(ろほうせいりんぱしゅ):[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
それぞれのがんの解説

パンくず式ナビゲーション
TOPそれぞれのがんの解説 > 濾胞性リンパ腫(ろほうせいりんぱしゅ)

濾胞性リンパ腫(ろほうせいりんぱしゅ)

更新日:2015年11月26日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2006年10月01日
更新履歴
2015年11月26日 「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」「造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月(第1版)」より内容を更新しました。
2007年03月17日 更新しました。
2006年10月01日 掲載しました。

1.濾胞性リンパ腫とは

濾胞性(ろほうせい)リンパ腫(FL:Follicular lymphoma)とは、悪性リンパ腫の種類の1つで、リンパ球用語集アイコンの中のB細胞から発生する非ホジキンリンパ腫です。年単位でゆっくりとした経過をたどることが多い「低悪性度」に分類されます。

1)疫学

わが国では悪性リンパ腫の約15~20%を占めており、近年増加しています。高齢者に多く、年齢別の罹患(りかん)率用語集アイコンは60歳代で増加傾向があります。

2)症状

頸部(けいぶ)、胸部、腹部などのリンパ節用語集アイコンが腫れるほかは自覚症状に乏しく、気付かないうちに病期(ステージ)用語集アイコンが進んでいる場合があります。病期が進んでいても無症状であることが少なくありません。また、症状がある場合でも病変の大きさに比べて症状が軽度であるのが特徴です。診断時に多くの患者さんは病期がⅢ期、Ⅳ期の進行期であり、さらにそのうち約半数程度は骨髄用語集アイコン浸潤(しんじゅん)用語集アイコンのあるⅣ期で診断されています。

3)特徴

病理組織は、リンパ節の中に腫瘍性濾胞(がん細胞がたくさん固まっている球状のもの)が少なくとも1つ見られることが特徴で、通常はリンパ節の中にたくさんの濾胞がふえていきます。濾胞の中のがん細胞は、細胞表面マーカー検査用語集アイコンでCD20、CD10が陽性であり、BCL2遺伝子の発現が高い割合でみられます。
ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫は総称して悪性リンパ腫と呼ばれています。
それぞれのがんの解説「悪性リンパ腫」では、悪性リンパ腫の治療の全体像や大まかな治療の流れなどを解説していますので、併せてご参照ください。

検査方法や治療効果、病期分類については、「悪性リンパ腫 —検査・診断—」をご参照ください。
治療成績については、「悪性リンパ腫 —治療の選択—」をご参照ください。

2.治療

濾胞性リンパ腫は、化学療法用語集アイコン放射線治療用語集アイコンによってリンパ節が小さくなり、多くの場合は病変がほとんど消失した状態になります。しかし、再発用語集アイコンの率が高く、完全に治すことは難しい病気です。これは、低悪性度のリンパ腫が、進行の速い中悪性度以上のリンパ腫に比べると、抗がん剤が効きにくいためです。進行は緩やかなため、治療や経過観察を行いながら、病気と上手に付き合っていくことが治療の目標になります。

図1、2は、濾胞性リンパ腫の治療の大まかな流れです。担当医と治療方針について話し合う参考にしてください。

1)限局期

病期がⅠ期、Ⅱ期の限局期で発見されることが少ないため、多くの患者さんの治療結果から導き出された標準治療用語集アイコンは示されていませんが、一般的に病変部分への放射線治療が行われ、再発が少なく、根治率は比較的高いとされています。放射線治療を行うのが難しい患者さんで、症状がない場合には、無治療で経過観察することもあります。

2)進行期

濾胞性リンパ腫は、他のリンパ腫に比べて抗がん剤が効きにくいですが、がん細胞の中の増殖に関わる分子だけを標的とした分子標的薬のリツキシマブを併用することによって治療成績はよくなってきました。進行期の一般的な治療は、リツキシマブと化学療法の併用療法です。具体的な薬剤の組み合わせは、R-CVP療法(リツキシマブ、シクロホスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾロンの4つの薬剤を投与、3週を1コースとして6~8コース行う)やR-CHOP療法(リツキシマブ、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾロンの5つの薬剤を投与、3週を1コースとして6~8コース行う)が主に行われています。また、症状や検査値異常が顕著でなければ、病状が進行したときに適切な化学療法を開始することを前提として、無治療で経過観察することも治療の選択肢の1つとなっています。
図1 濾胞性リンパ腫の初回治療
図1 濾胞性リンパ腫の初回治療
日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成

(1) 無治療経過観察

進行期では、今後もゆっくりと進行すること、化学療法を行っても効きにくく治癒困難であること、診断後早期に治療を行っても生存期間が延長できるか明らかになっていないなどの理由から、しこりがあっても症状や検査値異常が顕著でなければ、無治療経過観察(watchful wait)という選択肢が取られることがあります。具体的にどのような患者さんを無治療経過観察とするかについては、国際的に統一された規準はありませんが、いくつかの提唱されている規準を基に治療方針が決定されます。この規準の1つに腫瘍量を判断する規準のGELF規準(表1)があり、「低腫瘍量」か「高腫瘍量」かを判定し、「低腫瘍量」の場合は経過観察とする目安の1つにしています。病状が進行してきたときには、適切な化学療法を行います。
表1 GELF規準
以下のいずれにも該当する場合を「低腫瘍量」とする
1. 病変の最大長径<7cm
2. 長径3cm以上の腫大リンパ節が3つ未満
3. 全身症状(B症状)なし
4. 症状を有する脾臓(ひぞう)の腫大がない
5. 胸水または腹水がない
6. 局所(硬膜、尿管、眼窩[がんか]、胃腸など)の圧迫症状なし
7. 白血化(リンパ腫細胞数>5,000/mm3)なし
8. 血球減少(ヘモグロビン<10g/dL、好中球数<1,000/µL、血小板数<100,000/µL)なし
9. LDH、β2ミクログロブリン正常
copyright
日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成
各治療については、「悪性リンパ腫 —治療—」もご参照ください。

治療後の通院や社会復帰のタイミングについては、「悪性リンパ腫 —生活と療養—」をご参照ください。

3)再発時の治療

濾胞性リンパ腫は完全に治癒することが困難なため、初回治療の効果があっても、その後高い確率で再発します。そのときに、がん細胞が今までとは異なるがん細胞に変化している場合(組織学的進展)があるため、もう一度、病理検査用語集アイコンを行うことが勧められます。主には、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に変わっており、その場合はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療法に準じて治療を行います。再発時の標準治療は確立していませんが、無治療経過観察やリツキシマブの投与、ベンダムスチンやフルダラビンなどの抗がん剤を用いた化学療法が行われ、造血幹細胞移植用語集アイコンが検討される場合もあります。

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療方針については、「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」をご参照ください。
図2 濾胞性リンパ腫の再発時の治療
図2 濾胞性リンパ腫の再発時の治療
日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版)より作成
再発については、「悪性リンパ腫 —転移・再発—」もご参照ください。
【参考文献】
  1. 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版;金原出版
  2. 日本血液学会、日本リンパ網内系学会編:造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月 第1版;金原出版
  3. 日本リンパ網内系学会教育委員会:レベルアップのためのリンパ腫セミナー, 2014年6月;南江堂
  4. Swerdlow, S.H. et al. eds.: WHO Classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues., 2008; IARC.
閉じる
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり