HOME > それぞれのがんの解説 > 原発不明がん 基礎知識

原発不明がん(げんぱつふめいがん)

更新日:2015年04月07日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2015年04月07日 タブ形式への移行と、日本臨床腫瘍学会編「原発不明がん診療ガイドライン2010年版」より、内容の更新をしました。
2004年12月02日 内容を更新しました。
1996年06月24日 掲載しました。

1.原発不明がんとは

がんとは、ある臓器で、正常な細胞が異常細胞へ変化し、無秩序に増えて浸潤転移を起こし、臓器を越えて広がっていくものをいいます。特に皮膚・粘膜などの表面(上皮)から出たものを指します。

がんが発生した臓器を原発部位といい、そのがんを原発巣といいます。原発部位から離れた部位で進展したがんを転移巣といいます。がんの診断は、例えば胃からできたものを胃がんというように、原発部位にならって付けられます。胃にできたがんが肝臓に移った場合は、胃がんの肝転移と診断され、その転移巣は胃がんの性質を示します。

がんの確定診断には、体の表面・内部に関わらず、病変部位から細胞や組織を一部採取して顕微鏡で調べること(病理検査・病理診断)が必要です。通常は、何か体調が悪くて症状が出てきた場合や健康診断などで異常が見つかった場合に、医療機関を受診して、そこで詳細な病歴聴取や診察、血液検査や尿検査または便検査、超音波(エコー)X線CTMRI・FDG-PETなどの画像検査内視鏡検査(胃カメラや大腸カメラ)が行われ、がんが疑わしいときに生検・病理組織学的検査となります。

これらの検査により原発部位が特定されることがほとんどですが、中には転移巣が先に見つかり、そこからの生検で病理組織学的にがんと診断はされても、原発部位がわからないものもあります。これを「原発不明がん」といいます。

原発不明がんの頻度はすべての悪性腫瘍のうちの約1~5%とされ、最期までの経過を振り返った研究では、原発部位として多いのは膵臓(すいぞう)、胆道、肺と報告されています。がんはすでに転移しているので、手術(外科治療)で取りきって治すことや、放射線治療で根治できる時期を過ぎていることが多く、その場合には経過を注意深くみたり、全身状態に合わせて全身療法(薬物療法)が選択されたりします。

2.症状

病変の場所により、以下のような症状があらわれることがあります。

1)リンパ節の腫(は)れ

首の周り(頸部:けいぶ)、わきの下(腋窩部:えきかぶ)、太もものつけ根(鼠径部:そけいぶ)などのリンパ節は体の表面にあるので触れやすく、リンパ節に転移した場合には痛くないしこりとして見つかることがあります。

2)胸水、腹水

胸水がたまると息苦しさが出ることがあります。また、腹水がたまると腹部が張る感覚(腹部膨満感)や実際に膨れてくること(腹部膨満)があります。

3)肺腫瘍、肝腫瘍

肺腫瘍によって咳(せき)や胸痛、声のかすれ(嗄声:させい)などが出ることがあります。肝腫瘍の大きさや場所によっては、上腹部の不快感や膨満感が出たり、腫瘤(しゅりゅう)に触れたりすることがあります。また、症状がない場合でも、健康診断などで実施される胸部X線検査や超音波(エコー)検査で、肺や肝臓に腫瘍が発見されることがあります。

4)骨の症状(痛み、しびれ、麻痺[まひ]など)

骨の痛みや、骨に移ったがんが神経を圧迫することによるしびれや麻痺が起こることがあります。骨のX線検査で異常が見つかる場合や骨折で見つかる場合もあります。

【参考文献】
日本臨床腫瘍学会編:原発不明がん診療ガイドライン2010年版;メディカルレビュー社
閉じる

【がんになったら手にとるガイド】
情報を集めましょう
がんの発生と進行の仕組みを知る

原発不明がん
165.原発不明がん(PDF)

がんの基礎知識
がんの相談窓口「がん相談支援センター」
がんの発生原因
がん予防
がん検診について
統計がん登録・統計へのリンク
がん診療連携拠点病院を探す がんの種類から探す 原発不明がん
お探しの情報が見つからないときは…
がん情報サービスサポートセンター
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ