「がん対策応援団」を募集します(受付終了):[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり

パンくず式ナビゲーション
TOPお知らせ一覧 2008年度(平成20年度) > 「がん対策応援団」を募集します(受付終了)

「がん対策応援団」を募集します(受付終了)

−国立がんセンターがん対策情報センター「患者・市民パネル」の募集について−

更新日:2008年05月10日    掲載日:2008年03月21日

■患者・市民パネル

イメージ国立がんセンターがん対策情報センターでは、がん患者、ご家族、市民のそれぞれの立場から、わが国のがん対策についてがん対策情報センターへ提言、またがん対策にかかわる情報を周囲のみなさまに広報していただく、いわば「がん対策応援団」の役割をしてくださる『患者・市民パネル』のメンバーを募集します。

【主な活動の内容】
メールやインターネットを通じた活動が主ですが、会議への出席をお願いすることもあります。
がん対策情報センターからお願いするのは以下のような活動です。
●課題やアンケート調査などに対して意見をいただいたり、調査に回答していただくこと
●がん対策にかかわる活動(講演会などの案内など)を広報していただくこと
●パンフレットやウェブページの情報の見やすさ、わかりやすさなどのチェックなど
●意見交換会などの会議への出席(交通費を支給します)

■応募資格

「患者・市民パネル」に応募するには、がん対策への関心・熱意・見識を持った成人で、次の3つの条件をすべて満たしていることが必要です。ただし、国会議員および地方公共団体の議会の議員、常勤の国家公務員を除きます。

1) がん患者、もしくはがんサバイバー(がん経験者)、または現在もしくは過去においてがん患者の家族、介護者、がん患者のサポートに携わったことのある方、もしくは携わろうとしている方
2)がん対策情報センターの活動を理解し、医療専門家と患者・一般市民の双方の立場を踏まえた活動ができる方
3)多様な人々とうまくコミュニケーションをとれる方、調整できる方

そのほか、「患者・市民パネル」の活動を行うために、

単独または、家族の支援により、インターネットを使うことができ、Eメールの受送信ができることや、がんやその他の地域や患者の支援活動の実績があること、がんに関連する情報を収集、発信できること、わかりやすい文書を書けること、などが望まれます。

■募集人員

50名程度

■依頼期間

平成20年6月1日から平成22年3月31日まで

■身分、謝礼金など

国立がんセンター総長より依頼します。 活動に対する謝金および意見交換会などへの出席に伴う交通費を支給します。

■応募方法

国立がんセンターがん対策情報センター「患者・市民パネル」の受付は終了しました。

■記載事項

1: 応募願書
  1) 氏名(ふりがな)、性別、生年月日、年齢、郵便番号・住所、電話番号
  2) 勤務先の名称、役職名、電話番号(学生は学校、学部名)、得意な分野
  3) がんとの関連
例:(ア)がん当事者、(イ)がん患者の家族、(ウ)○○を通して介護の経験あり
  4) 3)で(ア)(イ)の場合は、そのがん種
  5) 社会活動経験の有無(過去3年以内)
例:平成○年 ○○患者会の運営
  6) がん対策情報センター「患者・市民パネル」を知ったきっかけ(具体的に)
例:○○ホームページ
2: 理由書
  1) がん対策情報センター「患者・市民パネル」応募の抱負(400字程度)
  2) 応募資格に関する自己評価

■選出方法

1:応募願書、2:応募理由書について、別途定める“国立がんセンターがん対策情報センター「患者・市民パネル」選考委員会”にて選考のうえ、選出します。
なお、選出に当たり、性別、年齢、居住地、関連がん種などに偏りが生じないよう配慮しますが、個々の選考過程および選定理由については、公表をいたしません。

■募集期間、選考結果のお知らせ

募集期間:平成20年3月24日(月)から5月9日(金)(当日消印有効)まで
選考結果:平成20年5月下旬までに応募者に直接お知らせします。

■問い合わせ先

イメージ国立がんセンターがん対策情報センター がん対策企画課
 〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1
 電話:03−3542−2511(内線:2245)
 *なお、本件の内容のお問い合わせについては、電話でのみ受付けさせていただきます。

詳しくは「患者・市民パネル」実施要綱(PDF:139KB)をご覧ください。



フッターの始まり