文字サイズ
メニュー
このサイトについて

サイトの作成について(編集方針・リンク基準など)

このサイトでは、「がん情報サービス」編集方針に基づいて、さまざまながんに関する情報を収集・分析・整理し、信頼性などを評価した上で、情報を提供しています。

各種がんの情報、生活や療養に関する情報、医療機関の情報、統計情報、がんに対する地域・組織的な対策についての情報を、「一般の方向け情報、医療関係者向け情報、がん登録・統計情報、小児がん情報」に分けて掲載しています。

がん情報作成の方法については、以下のページをご覧ください。

1.「がん情報サービス」編集方針

1)一般向け情報の編集方針

患者・家族等のさらなる情報収集や次の行動へのきっかけとなり、よりよい意思決定を支援することを目的として、科学的根拠に基づいた「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報を提供する。情報の提供にあたっては、問い合わせ対応を行い、提供している情報に対して、責任をもった運営を行う。

提供する情報の作成方針

  • 治療に関する内容では、最新の科学的根拠に基づく情報であり、科学的根拠に基づかない情報である場合は、臨床的に明らかな誤りがない。
  • 患者・家族等にとって、担当医をはじめとする医療者とのコミュニケーションに役立つ情報である。
  • 患者・家族等が最低限知っておくことが望ましい基本的な情報を主とする。
  • 全体としての情報量に偏りがない。
  • 患者・家族等にとってわかりやすい情報である。
  • スマートフォン等でも容易に読んで理解ができる範囲の情報量である。
  • 定期的な更新による最新の情報である。

対象者

患者や家族、一般市民、メディア、保健医療関係者、行政担当者
療養に関する情報では、主に「差し迫った身体・精神状態ではない患者とその家族」を対象とする。

2)医療関係者向け情報の編集方針

医療関係者向けに、地域におけるがん治療や支援の質の向上と、情報提供などサービスの向上に貢献する情報を提供することを目的とする。

対象者

がん診療連携拠点病院等のすべてのがん診療、治療、支援に携わる医療関係者、行政担当者、詳細な情報を求める一般の方

3)がん統計情報の編集方針

がん診療連携拠点病院等の医療関係者および行政関係者、一般の方を対象として、地域におけるがん治療や支援の質の向上と、情報提供などのサービスの向上に貢献する情報提供を行う際に必要となる統計情報やがん登録に関する情報を提供することを目的とする。

対象者

患者、患者の家族、一般市民、メディア、保健医療関係者、政策担当者
がん診療連携拠点病院等のすべてのがん診療、治療、支援に携わる医療関係者、行政担当者

4)情報作成に関する参考情報

一般の方向けがん情報作成において、参考とする情報は次の順で優先して用いる。

  1. レベルⅰ診療ガイドライン(参考文献の記載あり)で作成
  2. レベルⅱ組織が作成した手引き(参考文献の記載あり)
  3. レベルⅲ組織が作成した診療ガイドラインや手引き(参考文献の記載なし)
  4. レベルⅳ個人が作成した教科書や手引き(参考文献の記載あり)

同じレベルの場合には、日本で作成されたものを優先する。
個人が作成したものについては、参考文献の記載がなければ使用しない。

2.外部ウェブサイトへのリンクについて

がん情報サービスでは、がん患者・家族等の利用者が安心して情報を利用できることを目指して、外部ウェブサイトへのリンクについては、以下に示す方針、リンク判断基準に基づいて行っています。しかし、がん情報サービスでは、リンク先のウェブサイトのすべての情報に責任をもつことはできないことをご了承ください。なお、外部ウェブサイトへ移動する際には、外部サイトへ移動する旨のページを表示しています。

1)方針

次の方針により外部ウェブサイトへのリンクの可否を判断しています。

  • がん患者・家族等の利用者が情報を利用して、さらなる情報収集を行うことも含め、その人が次の行動をとれるなど、その人のよりよい意思決定の支援につながることができる情報が提供されている。
  • 医学的な情報については、診療ガイドラインなどで推奨された科学的根拠に基づく情報もしくは、医学的なコンセンサスが得られた情報である。
  • 信頼できる情報をバランスよく(偏りなく)示し、定期的な更新がなされており、問い合わせ対応を行うなど出している情報に対して、責任をもった運営がなされている。
  • 利用者に誤解を与える可能性のある情報が掲載されている、もしくは掲載される可能性があると考えられる組織が運営するウェブサイトへは、たとえ一部の情報が利用者にとって有用である場合でもリンクしない。
  • すべての項目について一律な判断が難しいことから、判断に迷う場合には、がん情報サービス編集委員会により決定していくことを基本とする。
  • ウェブサイトをめぐる環境は、変化が速いことから、リンク審査は定期的に見直しを行う。

現段階では、国都道府県等行政のウェブサイトへのリンク、イベントやセミナーなどお知らせページからのリンクについては、確認対象外としています。

2)リンク審査基準

運営主体・組織に関すること

(1)運営主体・組織が以下のいずれかにあてはまる。

  • 公的機関または公的財源により運営されている団体
  • がん診療連携拠点病院
  • 地域がん診療病院、特定領域がん診療連携拠点病院
  • 非営利の学術系団体(学会など)
  • 複数の専門家で協議し、専門家のコンセンサスを得ることができる組織
  • 複数の専門家で協議し、専門家のコンセンサスを得ることができるが永続性のない組織(研究班などの活動期間に期限のある組織の場合には、最大3年間のリンクとする)

基本的な提示内容・方法に関すること

(2)対象コンテンツ(対象コンテンツがウェブサイト全体である場合には、ウェブサイト全体を確認する)に更新日が明記されている。
(3)内容に関する問い合わせ先が明記されている。
(4)広告が掲載されている場合には、明確に区別できる状態である。
(5)
ⅰ)プライバシーポリシーがウェブサイト内に明記されている。
ⅱ)プライバシーポリシーの明記がある場合、その内容は適切である。

情報の作成方法に関すること

(6)
ⅰ)情報源(参考文献・制度名)が明記されている(情報源の例:診療ガイドライン、統計データなど)。
ⅱ)情報源が明記されている場合
A.医学的な情報、B.療養情報の場合:情報源は、診療ガイドラインなどで推奨された科学的根拠に基づく情報(もしくは、医学的コンセンサスが得られた情報)である。
C.ナラティブ情報の場合:確認不要とする。
D.制度情報の場合:情報源は、現行の公的な助成・支援制度に準拠したものである。
(7)掲載内容の更新の手順が定められ、明記されている。
(8)3年以内に作成または更新がされている(確認方法が提示されている、または確認できる)。
(9)外部ウェブサイトへのリンク基準が明記されている。

掲載されている内容に関すること

(10)掲載内容は、正しい意思決定の支援につながる。

除外基準

下記の項目1つでも「認められる」がある場合には、リンクしない。

(11)情報の内容が
A.医学的な情報、B.療養情報、C.ナラティブ情報の場合:ウェブサイト内に診療ガイドラインに基づいた標準治療(もしくは、医学的コンセンサスが得られた情報)などと照合して、明らかに推奨されない治療法への誘導がある。
D.制度情報の場合:ウェブサイト内に現行の公的な助成・支援制度と照合して、明らかな誤りや誘導がある。
(12)運営主体・組織が明記されていない。
(13)運営主体・組織は、宗教、政治を主目的として活動している。
(14)公序良俗に反する、または、他者を誹謗(ひぼう)中傷する情報が含まれている。
(15)上記(11)~(14)に該当するウェブサイトにリンクを設置している。

3.情報の更新頻度

約3~5年

4.主たる運営資金

運営費交付金(厚生労働省から国立がん研究センターに対して負託した業務を運営するために交付されている補助金)

更新・確認日:2021年01月18日 [ 履歴 ]
履歴
2021年01月18日 「1.「がん情報サービス」編集方針」を更新しました。
2020年09月15日 「1.『がん情報サービス』編集方針」に【「それぞれのがんの解説」における発生要因の記載方針】を追加しました。
2020年06月30日 「1.『がん情報サービス』編集方針」に【薬の名前の記載方針】を追加しました。
2020年06月04日 「『がん情報サービス』編集方針」の構成を変更し、ページタイトルの変更とともにURLを変更しました。
2018年11月13日 療養情報に関する編集方針を追記しました。
2018年09月20日 「編集方針v2.0」を改訂し「編集方針」にタイトルを変更するとともにURLを変更しました。
2016年04月18日 「編集方針v1.4」を「編集方針v2.0」に改訂しました。
2014年10月17日 「医療者サイト」の「評価・承認」を更新しました。
2014年03月06日 内容を更新しました。
2006年10月01日 掲載しました。
ページの先頭に戻る