HOME > それぞれのがんの解説 > 前立腺がん 検査

全ページ表示前立腺がん(ぜんりつせんがん)

更新日:2017年07月26日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2017年07月26日 「前立腺癌診療ガイドライン 2016年版」より、内容の更新をしました。4タブ形式に変更しました。
2014年11月18日 「1.検査 4)画像診断」と「図3 TNM分類の例」を更新しました。
2013年11月08日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
2006年10月01日 内容を更新しました。
1996年10月16日 掲載しました。

1.前立腺がんの検査

主な検査はPSA検査、直腸診です。これらの検査で前立腺がんが疑われる場合には、経直腸エコー、前立腺生検などを行います。がんの広がりや転移の有無は画像検査で調べます。

用語集 直腸診 生検

2.検査の種類

1)PSA検査

PSA検査は前立腺がんを早期発見するための最も有用な検査です。がんや炎症により前立腺組織が壊れると、PSAが血液中に漏れ出し、増加します。血液検査でPSA値を調べることによって前立腺がんの可能性を調べます。

PSAの基準値は一般的には0~4ng/mLとされています。ただし、年齢によって基準値を下げる場合もあります。PSA値が4~10ng/mLをいわゆる「グレーゾーン」といい、25~40%の割合でがんが発見されます。PSA値が10ng/mL以上の場合でも前立腺がんが発見されないこともあります。また、4ng/mL以下でも前立腺がんが発見されることもあります。100ng/mLを超える場合には前立腺がんが強く疑われ、転移も疑われます。

PSAには、遊離型PSA(free PSA)と結合型PSA(complexed PSA)があります。総PSA(total PSA)に対する遊離型PSAの割合(F/T比)は前立腺のほかの病気(前立腺肥大症など)との鑑別に用いられています。F/T比が低い場合は前立腺がんの可能性が高くなります。

2)直腸診・経直腸エコー(経直腸的前立腺超音波検査)

直腸診は、医師が肛門から指を挿入して前立腺の状態を確認する検査です。前立腺の表面に凹凸があったり、左右非対称であったりした場合には前立腺がんを疑います。経直腸エコーは、超音波を発する器具(プローブ)を肛門から挿入して、前立腺の大きさや形を調べる検査です。
図2 経直腸エコー
図2 経直腸エコー

3)前立腺生検

自覚症状、PSA値、直腸診、経直腸エコーなどから前立腺がんの疑いがある場合、最終的な診断のために前立腺生検を行います。前立腺生検では、超音波による画像で前立腺の状態をみながら、細い針で前立腺を刺して組織を採取します。初回の生検では10~12カ所の組織採取を行います。

前立腺生検でがんが発見されなかった場合にも、PSA検査を継続し、PSA値が上昇する場合には再生検が必要になることがあります。

前立腺生検の合併症には、出血、感染、排尿困難などがあります。頻度の高いものは血尿、血便、精液に血が混じる血精液です。重篤な感染症はまれですが、生検のあとに発熱などがある場合には担当医に報告することが必要です。

4)画像診断

画像診断ではCT検査、MRI検査、骨シンチグラフィ検査などを必要に応じて行います。
CT検査では、リンパ節転移の有無や肺転移の有無を確認するために行われます。MRI検査では、がんが前立腺内のどこにあるのか、前立腺の外へ浸潤がないか、リンパ節へ転移がないかなどを調べます。
CT検査、MRI検査ともに、造影剤を使用するため、アレルギー反応が起こることがあります。薬剤によるアレルギー反応を起こした経験のある方は担当医に申し出てください。
骨シンチグラフィ検査では、骨転移があるかどうかを調べます。

用語集 画像検査 組織 CT検査 MRI検査 浸潤 骨シンチグラフィ

関連情報
がん診療連携拠点病院を探す がんの種類から探す 前立腺がん
お探しの情報が見つからないときは…
がん情報サービスサポートセンター
がん相談支援センターを探す
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ