正しいがん情報の提供とその利用:[国立がん研究センター がん情報サービス]
国立がん研究センター がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
資料室

パンくず式ナビゲーション
TOP資料室講演会のビデオ映像、資料など > 正しいがん情報の提供とその利用

平成18年度 厚生労働省がん研究助成金による市民公開講座

正しいがん情報の提供とその利用

更新日:2008年02月06日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2008年02月06日
更新履歴
2008年02月06日 掲載しました。

2007年01月13日(土) 国際研究交流会館 国際会議場にて開催

当日のビデオ映像はこちらからご覧ください。

プログラム

開会の挨拶
  国立がんセンター総長 垣添 忠生
  司会  垣添 忠生
がん対策情報センターの概要とその目指すもの
  国立がんセンターがん対策情報センター 加藤 抱一
欧米でのがん治療標準薬が日本で本当につかえないのか?
  国立がんセンター中央病院 藤原 康弘
緩和ケアとは、いつ、何を、誰のために
  国立がんセンターがん対策情報センター 的場 元弘
相談支援センターの取り組み
  静岡県立静岡がんセンター 石川 睦弓
一般市民が求めるがん情報とは
  東京大学医療政策人材養成講座 埴岡 健一
患者が求めるがん情報とは
  日本がん患者団体協議会 山崎 文昭
患者が望むがん対策情報センターとは
  がん患者団体支援機構 俵 萌子
質疑応答
閉会の挨拶
  国立がんセンター総長 廣橋 説雄
アドビシステム社のFlash(r)を使用しております。講義ビデオが表示されない方はアドビシステム社より最新のFlash Playerをダウンロードしてください。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり