がんと共に働く:[がん情報サービス]

  • がんと共に働く まず一歩前へ。
  • はじめに
  • 本人編
  • 家族編
  • 病院編
  • 職場編
  • 地域編
  • まとめ

01 もしあなたが、あなたの家族が、がんになったら? ~「がん=ずっと入院」はいまや昔。がんと共に生き、働く時代です。

がんの向き合い方の変化

 つい最近まで、日本では、がんになったら闘病に専念するのが当たり前で、仕事を続けるなんてもってのほか、家から離れて入院するのが基本、というイメージが濃厚にありました。

 けれども、いま医療技術も、がん患者をサポートする仕組みも、そして社会通念も大きく変わりつつあります。「がんになったらずっと入院」という時代は終わりました。患者さんご本人の意思を尊重しながら、がんと共に生きる、がんと共に働く時代になったのです。

 医療面での変化を見てみましょう。

 早期のがんであれば完全な治癒が可能なケースもたくさん出ています。また、完全に治癒できなくても、再発を抑制し、まさに「がんと共に生きる」ことも可能になっていることも珍しくありません。

 がんにかかったら、長期の入院治療を強いられ、仕事は辞めなければならず、自宅から引き離され、現実社会から隔離される、というのはいまや昔の話です。

 もちろん、初期入院は多くの場合必要となりますが、その期間はどんどん短くなっており、外来治療を行いながら、仕事や家庭生活を続けていく人が増えているのです。

 「がんと共に生きる、働く」ことが可能になったのは、医療の進歩だけがきっかけとなったのではありません。社会通念も大きく変わりつつあります。

 がんは、患者当人だけが向き合う病ではありません。

 長寿国日本において、数少ない大病の原因です。だからこそ、家族が、勤め先の企業が、地域が、そしてもちろん医療機関が一体となって、がんと共に働ける、生きがいをもって暮らせるよう、患者さんをサポートする……。こうした方向に社会全体が動き、サポートのための有形無形のシステムやサービスも充実しつつあるのです。

 21世紀の「がん治療」は、患者さんと病院の間だけで完結するのではないのです。家族、地域、企業、自治体をも巻き込み、みんなでつくっていくものなのです。がんにかかっていても、無理をしない範囲で、職場で働き、大切な人たちと豊かな生活を送り、治療を続けていく。それが、これからのがん治療のスタンダードです。

  • 前のページへ
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 次のページへ

  • 01 もしあなたが、あなたの家族が、がんになったら? ~「がん=ずっと入院」はいまや昔。がんと共に生き、働く時代です。
  • 02 もし自分ががんになったら? 誰もが必ず落ち込む。それで大丈夫。 ~まず、大切なのは「心構え=マインドセット」です。
  • 03 実際にがんとどう付き合えばよい? ~がんを、闘病を、上手に「マネジメント」していきましょう。
  • 04 家族ががんと診断されたら? ~家族が本人の気持ちに寄り添うこと。そこから始めましょう。
  • 05 企業へ、職場の人へ 同僚が、社員ががんになったら? ~本人の希望を聞き、仕事を続けていける形をつくるために。
  • 06 もしも、がんになったら……病院でどう行動すればよい? ~医師と納得いくまで話してみてください。サポート体制が整っています。
  • 07 この際だから知っておこう。 ~がん治療の最新情報。がん医療はここまで進んでいる!
  • 08 情報はどうやって手に入れる? ~大切なのは信頼できる相談相手です。
  • 09 がんになっても、人生を前向きに。 ~自分らしく生きる、そして働く。がんは第2の人生のスタートです。

  • はじめに
  • 本人編
  • 家族編
  • 病院編
  • 職場編
  • 地域編
  • まとめ
  • がんと共に働く まず一歩前へ。 がんと共に働く まず一歩前へ。 国立がん研究センター がん情報サービス ganjoho.jp


フッターの始まり