このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
薬剤師研修

都道府県指導者養成研修(がん化学療法薬剤師研修企画)フォローアップ研修

開催日時

開催日:2021年2月23日(火)

会場

インターネットを介したWEB研修方式
(参加者各自が所有するマイク・カメラ付きのパソコンからの参加になります)
国立研究開発法人国立がん研究センター 築地キャンパス
 〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1

主催

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

研修のねらい

  • 全国の都道府県がん診療拠点病院に勤務する薬剤師のネットワークを構築するため、目指す全国ネットワークの姿や持続可能な運用の確保について検討します。
  • 都道府県がん診療連携拠点病院が中心となって地域がん診療連携拠点病院をはじめとする施設と連携し、当該都道府県におけるがん化学療法に携わる薬剤師の現状や課題を把握し、その課題を解決するための支援を目的に企画されたものです。

対象

以下の研修を受講されたご施設の薬剤師
平成27年~30年度開催「都道府県指導者養成研修(がん化学療法薬剤師研修企画)」
※都道府県指導者養成研修(がん化学療法薬剤師研修企画)と合同開催となります。

募集人数

都道府県がん診療連携拠点病院から各1名(任意)
※各施設の受講者は1名ですが、同施設からの聴講は可能です。

内容

1.研修者の目的

各地域においてがん化学療法に従事する薬剤師の現状と課題を明確にし、全国レベル・地域レベルの様々ネットワークを活用してがん薬物療法に従事する薬剤師の資質を向上させることを目的とします。

2.行動目標

  • 各都道府県におけるがん薬物療法の課題を解決するための選択肢を広げるため、薬剤師のネットワークを構築する。
  • 各都道府県のがん対策およびがん薬物療法の現状と課題を把握できる。
  • 各都道府県のがん薬物療法に従事する薬剤師の現状と課題を把握できる。
  • 各都道府県でがん薬物療法の質を向上させていくための研修会等を開催するためのプログラムの作成など、課題解決のための企画を立案することができる。

3.研修の構成

1)講義

受講決定後に参加者が所有するパソコンで、インターネットを介してeラーニング講座を受講することができます。以下のような講義を受講できますが、フォローアップ研修の受講者は、eラーニング講座の受講は任意です。

  • 「わが国のがん対策と都道府県がん診療連携拠点病院に求められる役割」として、がん診療連携拠点病院制度で定められている都道府県がん診療連携拠点病院の役割について学び、本研修の目的について理解を深めます。
  • 「がん化学療法チーム研修を開催する際の留意点」として、研修会開催に必要な教育技法やファシリテーションの方法論について講義します。また、これまで国立がん研究センターがん対策情報センターが主催してきた研修会のノウハウを提供します。

2)グループワーク

  • 研修当日は、参加者は各自のパソコンでWEB会議システムを通じて研修に参加し、下記のテーマについてオンラインで作業を行い、成果物についてのディスカッションを行います。
  • 47都道府県を6つの地域ブロックに分けてスモールグループディスカッションを行います。
(1)各チームでのグループワーク

各チームでのグループワークでは以下について討議します。

  • 各都道府県における薬剤師もしくはがん薬物療法に関する課題の抽出と解決策立案
  • 地域ブロック単位の薬剤師ネットワークを構築による各都道府県内の諸課題の解決やがん薬物療法の質を向上させていくための取り組み
  • 都道府県のがん診療拠点病院に勤務する薬剤師の全国レベルのネットワークに関するニーズの抽出と持続可能な運用法の提案
(2)発表・総合討論
  • チームごとに、研修で作成した企画内容 (プログラム) について発表し、意見交換を行います。
  • 講義やグループ討議内容についての質疑応答、総合討論を行います。
  • 各チームの作成資料は研修会終了後に回収し、参加施設間で共有いたします。

4.プログラム(タイムスケジュール)

第1日目
12:00-12:30 受付
12:30-12:45 1. オリエンテーション(研修内容説明、講師紹介)
12:45-13:15 2. 各都道府県のがん薬物療法に係わる薬剤師の課題抽出と解決策立案(GW)
13:15-14:15 3. 地域ブロック単位のネットワークを利用した各都道府県内の課題の解決策立案(GW)
(13:40頃に2グループがペアになり、お互いの課題を発表する)
14:15-14:25 休憩
14:25-15:55 4. 地域ブロック単位のネットワークを利用した各都道府県内の課題の解決策立案(発表)
15:55-16:05 休憩
16:05-16:35 5. 全国の都道府県がん診療連携拠点病院の薬剤師ネットワーク構築について(GW)
16:35-17:15 6. 全国の都道府県がん診療連携拠点病院の薬剤師ネットワーク構築について(発表)
17:15-17:30 まとめ
※ 研修プログラムは変更になる可能性があります。
※ 都道府県指導者養成研修 (がん化学療法薬剤師研修企画) と合同開催となります。

申し込み

1.申し込み方法

【受講者マニュアル~WEB申し込み~】
WEBでのお申し込み後、所定の書類 (様式1) を申込期間内必着にて研修事務局に郵送してください。

【WEB申し込み】←申し込みはこちらをクリックしてください。

申込期間は2020年11月2日(月)~12月4日(金)
※研修を受講するには、受講者が個人でWEB申し込みをする必要があります。

所定の書類
・ 所属施設長からの申請書【様式1】

様式1こちらからダウンロードしてください。
書類の提出期限は2020年12月4日(金)必着

※書類不備の場合は再提出をお願いすることになります。
※封筒の表(おもて)の左隅に『都道府県指導者養成研修(がん化学療法薬剤師研修企画)フォローアップ研修』と朱書きしてください。
※ご提出いただきました資料は、返却できませんのでご了承ください。
※できれば書留での郵送をお願いいたします。
WEB申し込みと送付書類の到着をもって受け付け完了となりますのでご注意ください。

2.受講決定

申込期間終了後、事務局から受講決定通知、事前課題の送付ならびに研修当日までの流れをお知らせいたします。

3.送付先

国立研究開発法人国立がん研究センター研修事務局 (オスカー・ジャパン株式会社内)
「令和2年度 都道府県指導者養成研修 (がん化学療法研修企画)」係
 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 ネオ・シティ三鷹
 TEL:0422-24-6818 (平日10:00~12:00、13:00~16:00) FAX:0422-24-6812
 E-mail: ncc@oscar-japan.com

受講料

受講料は無料です。

修了証書

すべてのプログラムに参加された研修受講者には、修了証書を交付します。
途中入退席者には修了証書は交付されませんので、ご了承ください。

問い合わせ先

<研修内容に関するお問い合わせ>
国立研究開発法人国立がん研究センター研修事務局
 〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1
 TEL:03−3547−5201 (ダイヤルイン番号) 内線3531、FAX:03−3542−2545
 E-mail: team-training@ml.res.ncc.go.jp

その他

  • 聴講希望者がいる場合には、受講決定後に氏名とメールアドレスをお知らせください。
  • 研修修了者については、研修事業の活性化を促進する情報提供のため、がん対策情報センター公式ホームページ「がん情報サービス」内に、所属施設および氏名を公表いたします。
  • オンラインででグループワークを実施するためのインターネット環境および、パソコン、マイク、カメラは1人1台用意してください。オンラインでグループワークを実施するためのインターネット環境および、パソコン、マイク、カメラは1人1台用意してください。
更新・確認日:2020年10月13日 [ 履歴 ]
履歴
2020年10月13日 掲載しました。
前のページ
薬剤師研修
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す