このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
がん対策情報

がん登録

「がん登録」は、がんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管、整理、解析する仕組みのことです。

毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数)、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)、といったがんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案したり評価したりするのにとても重要です。国立がん研究センターがん対策情報センターでは、2016年1月から開始された「全国がん登録」とともに「院内がん登録」と「地域がん登録」のデータを収集、整備しています。

全国がん登録

院内がん登録

院内がん登録は、がん診療連携拠点病院などで、診断・治療されたすべてのがんに関する情報を、集計・分析・管理する仕組みです。

更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 掲載しました。
前のページ
がん対策情報
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す