本文へ移動
HOME > 統計 > がん統計 > 小児・AYA世代のがん罹患

小児・AYA世代のがん罹患

更新・確認日:2018年05月30日 [ 履歴 ]
履歴
2018年05月30日 掲載しました。

1.小児・AYA世代のがんの罹患率

  • 2009-2011年の小児がん(0~14歳)の罹患率(粗罹患率)は12.3(人口10万人あたり)。*
  • 同様に、AYA世代にかけてのがん罹患率は15~19歳で14.2、20歳代で31.1、30歳代で91.1(人口10万人あたり)。*
  • これらの罹患率を日本全体の人口に当てはめると、1年間にがんと診断されるがんの数は小児(0~14歳)で約2,100例、15~19歳で約900例、20歳代で約4,200例、30歳代で約16,300例と推計される。
* 小児がんは一般的に0~14歳のがんを指す。AYA世代(adolescent and young adult;思春期・若年成人)は15歳から20歳代、30歳代を指すことが多く、ここでは15~39歳)。がんは通常、悪性の腫瘍を指すが、小児など若年のがん統計では良性・良悪不詳の脳腫瘍を合わせて含むことがある。ここでの罹患率は良性・良悪不詳の脳腫瘍を含む。
小児AYAがんの年齢階級別罹患率(0-39歳)[男女計 2009-2011年] グラフ
画像をクリックすると拡大表示します
元データ:小児・AYA世代のがん罹患データ(エクセルのrateシートを参照)

2.小児・AYA世代のがん種の内訳の変化

  • 小児期からAYA世代にかけてがん種の内訳は大きく変わる。
  • 特に女性では20歳~30歳代にかけて乳がん、子宮頸がん、甲状腺がんが増え、その変化が大きい。
●罹患率が高いがん種は順に[全がんに占める割合]*
  1位 2位 3位 4位 5位
0~14歳
(小児)
白血病
[38%]
脳腫瘍
[16%]
リンパ腫
[9%]
胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[8%]
神経芽腫
[7%]
15~19歳 白血病
[24%]
胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[17%]
リンパ腫
[13%]
脳腫瘍
[10%]
骨腫瘍
[9%]
20~29歳 胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[16%]
甲状腺がん
[12%]
白血病
[11%]
リンパ腫
[10%]
子宮頸がん
[9%]
30~39歳 女性乳がん
[22%]
子宮頸がん
[13%]
胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[8%]
甲状腺がん
[8%]
大腸がん
[8%]
元データ:小児・AYA世代のがん罹患データ(エクセルのrateシートを参照)

* 国際小児がん分類(International Classification of Childhood Cancer)第3版のグループに基づく悪性腫瘍の順位(ただし「その他の癌」は部位で分類)。がん種間の比較のため、いずれのがん種も悪性の腫瘍のみ。
小児AYAがんのがん種の内訳(0-39歳)[男女計 2009-2011年] グラフ
画像をクリックすると拡大表示します
小児AYAがんのがん種の内訳(0-39歳)[男性 2009-2011年] グラフ
画像をクリックすると拡大表示します
小児AYAがんのがん種の内訳(0-39歳)[女性 2009-2011年] グラフ
画像をクリックすると拡大表示します
元データ:小児・AYA世代のがん罹患データ(エクセルのrateシートを参照)

小児・AYA世代のがん罹患はJapanese Journal of Clinical Oncology 2017; 47: 762-771に基づいています(27府県の地域がん登録に基づく実測値)。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
このページの先頭へ