このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー

年次推移

1.年次推移のまとめ

  • がんの罹患数と死亡数は、人口の高齢化を主な要因として、ともに増加し続けている。
  • 人口の高齢化の影響を除いた年齢調整率で見ると、がんの罹患は2010年前後まで増加しその後横ばい、死亡は1990年代半ばをピークに減少している。
  • がんの生存率は多くの部位で上昇傾向にある。
人口の高齢化の影響を除いた
年齢調整率でみた場合
全がん 罹患* 男女計 1985年~1990年代半ばに増加、
その後2000年~2010年前後に再び増加、その後横ばい。
男性 1985年~1990年代半ばに増加、
その後2000年~2010年前後に再び増加、その後減少。
女性 1985年~2010年前後に増加、その後横ばい。
死亡 男女計 1960年代に微増、その後1990年代前半まで微減し、1990年代後半から減少。
男性 1980年代後半まで増加し、
1990年代後半から減少。
女性 1960年代後半~1990年代前半に減少、
1990年代後半から再び減少。
主要部位別の年齢調整率の近年の傾向
罹患* 男性 増加 食道、膵臓、前立腺、悪性リンパ腫
減少 胃、肝臓、胆のう・胆管、肺
横ばい 結腸、直腸、大腸(結腸および直腸)、甲状腺、白血病
女性 増加 食道、結腸、直腸、大腸(結腸および直腸)、膵臓、肺、子宮、子宮頸部、子宮体部、卵巣、悪性リンパ腫
減少 胃、肝臓、胆のう・胆管
横ばい 乳房、甲状腺、白血病
死亡 男性 増加 膵臓
減少 食道、胃、結腸、直腸、大腸(結腸および直腸)、肝臓、胆のう・胆管、 肺、前立腺、甲状腺、白血病
横ばい 悪性リンパ腫
女性 増加 膵臓、乳房、子宮、子宮頸部、子宮体部
減少 胃、結腸、直腸、大腸(結腸および直腸)、肝臓、胆のう・胆管、 肺、卵巣、甲状腺、白血病
横ばい 食道、悪性リンパ腫

死亡、罹患とも増減の判断は文献 Journal of Epidemiology 2021; 31: 426-450 に基づいています。

罹患データは、年次推移の検討を目的として、山形・福井・長崎の3県のデータを合わせて、実測値として集計したものです。これらの3県の地域がん登録は、長期的に登録精度が高く安定しているため、登録精度の変化が罹患率の増減に及ぼす影響が小さいと考えられます。また、主要な部位のがんの増減について、これら3県を合わせたデータの日本全体への代表性が確認されています。

がん種別統計

下記メニューより部位を選択いただくと、
各がん種別統計情報のページに遷移します。

2.がんの罹患

3.がんの死亡

4.がんの生存率

更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 罹患(高精度地域)データを2015年に更新しました。
2017年06月14日 死亡データを2015年、罹患データを2012年に更新し、生存率データの2006-2008年を追加しました。
2015年03月27日 死亡データを2013年、罹患データを2010年に更新しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す