このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
院内がん登録関連

院内がん登録全国集計

全国のがん診療連携拠点病院等において、1)専門的ながん医療を提供する医療機関における各がん種、進行度、その治療の分布を把握し、国や都道府県のがん対策に役立てる、2)各施設が全国と比較した自施設のがん診療状況を把握し、がん診療の方向性等を検討する、3)院内がん登録情報等を適切に公表することにより、がん患者さん及びご家族等の医療機関の選択等に資することを目的に、その基礎資料として院内がん登録のデータを集計した報告書です。2011年診断例からは、都道府県から推薦された施設(以下、都道府県推薦病院)、2017年診断例からは本集計に任意で参加を希望された施設からもデータの提供をいただき、集計を行っています。

1.2019年集計の報告書について

2016年から登録する項目が大きく変更となりました。新しい標準登録様式に基づいて登録された2019年1月~12月に初診された「がん」の情報を収集しました。2020年6月に当時のがん診療連携拠点病院等446施設と小児がん拠点病院6施設と都道府県推薦病院350施設、任意参加病院47施設、合わせて849施設から合計約110万件の院内がん情報を収集し、集計を行いました。

2.集計表データの利用について

2019年全国集計より症状緩和的治療の有無を除き、すべての都道府県・施設別集計を院内がん登録全国集計結果閲覧システムにて検索できるようになりました。関係者におかれては、院内がん登録全国集計結果閲覧システムから地域や自施設の拠点病院の集計対象年における状況がどうであったか、あるいは自施設の院内がん登録の精度はどうであったかを検討する基礎資料としてご利用いただきたく存じます。

院内がん登録全国集計(2016年診断例以降)

集計対象施設 全登録数
2019年診断例 849施設 1,100,415件
2018年診断例 828施設 1,039,193件
2017年診断例 842施設 1,018,616件
2016年診断例 778施設 962,308件

<結果詳細(腫瘍情報)の集計対象>

胃癌、大腸癌(結腸癌、直腸癌)、肝細胞癌、肝内胆管癌、肺小細胞癌、肺非小細胞癌、乳癌、食道癌、膵臓癌、高分化型神経内分泌腫瘍(膵臓)、前立腺癌、子宮頸癌、子宮内膜癌、子宮肉腫、膀胱癌、甲状腺癌の乳頭・濾胞癌/未分化癌/髄様癌、胆嚢癌、喉頭癌、腎癌、腎盂尿管癌、卵巣癌
※2018年診断例より病期の分類が変りました(UICC TNM分類第8版)
一般に実臨床で用いられている取り扱い規約分類とは異なりますのでご留意ください。

単純な比較が難しい情報もありますが、こうした情報を公表することにより、さらなる院内がん登録情報の精度の向上、そして臨床における診療実態把握の基礎資料としてご活用いただければ幸いです。

<データをご覧いただく際の注意点>

  • 実際の診療に用いられている病期と異なる国際病期分類で集計しています。
  • 結果詳細のがん種別集計では、未治療である状況で初診された場合の初回治療(最初の診断に引き続き行なわれた治療)を集計しており、拠点病院等の実態(どんな治療が何件されているか、など)そのものをあらわしているわけではありません。
  • 各施設から提出された匿名化されたデータを集計しているため、同一人物が異なる施設を受診された場合には、同じ人の同じ「がん」が重複してカウントされることになり、実際の「がん」の数そのものを反映しているわけではありません。
  • 全ての「がん」ががん診療連携拠点病院等、都道府県推薦病院、任意参加病院でのみ診療されているわけではありません。都道府県別を含め院内がん登録のカバー率は、資料(カバー率)をご覧ください。

報告書の本文もこうしたデータの解釈上のポイントに触れておりますので、本文をお読みいただいた上で、集計をご利用いただきたく存じます。

3.全国集計の今後について

2016年1月1日に施行されたがん登録等の推進に関する法律(第四十四条第一項)および院内がん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第四百七十号)に基づき、国立がん研究センターでは、院内がん登録情報等を全国規模で収集し、当該情報を基にしたがん統計等の算出等を行うことにより、専門的ながん医療を提供する医療機関の実態把握に努めてまいります。

2011年診断例からは都道府県から推薦いただいた病院、そして、2017年診断例からは本集計に参加を希望される施設からの情報の集計も実施しており、集計の範囲を拡大することで、がん診療実態のいくつかの側面を明らかにしていくことになると期待されています。

こうした院内がん登録データは、全国集計協力病院のQuality Indicator(臨床指標)算出の基本データとして用いられる他、希少がんを含んだ施設別の診療件数等を、多くの都道府県連携拠点病院の相談支援センターにおいて詳細な情報提供をする際にも用いられるようになってきています。

4.全国集計 報告書

  報告書
(都道府県別含)
資料
(カバー率)
施設別集計表
(付表1-6、付表7)
修正履歴
拠点病院(成人) 県推薦病院 任意参加病院
2019年 7,318KB 410KB 400KB 248KB 212KB
2018年 3,238KB 3,439KB 32,717KB 20,798KB 5,677KB 150KB
2017年 5,268KB 861KB 134,354KB 92,054KB 31,105KB 183KB
2016年 7,259KB 113,310KB 126,218KB 176KB

都道府県別、施設別集計結果は、下記から検索ができます。

※上記をクリックしてください。
*病院間の優劣と誤認するような利用の仕方は控えてください。

5.小児AYA集計 報告書

報告書
(都道府県別
・施設別含)
修正履歴
2016-2017年 2,891KB 403KB

6.特別報告書

報告書 修正履歴
院内がん登録情報の精度検討
2017年診断例の全国がん登録との比較
765KB
NEW
-

7.過去の報告書

更新・確認日:2021年10月06日 [ 履歴 ]
履歴
2021年10月06日 院内がん登録2019年全国集計報告書修正履歴を掲載しました。
特別報告書 院内がん登録情報の精度検討 2017年診断例の全国がん登録との比較を掲載いたしました。
2021年08月26日 院内がん登録2018年全国集計資料(院内がん登録割合:カバー率と二次医療圏別登録数)を掲載しました。
2021年07月15日 院内がん登録2019年全国集計報告書修正履歴を掲載しました。
ページの先頭に戻る
閉じる

病名から探す

閲覧履歴

相談先・
病院を探す