このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー

胃がんは、胃の壁の内側をおおう粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、無秩序にふえていくことにより発生します。

胃がんは、早い段階では自覚症状がほとんどなく、かなり進行しても症状がない場合があります。

がんの診断から治療までの流れなどについては「関連する情報」をご覧ください。
関連する情報

関連する情報

「がんと診断されたあなたに知ってほしいこと」「治療にあたって」には、治療の流れ、セカンドオピニオンなどに関する情報を掲載しています。

ご家族や身近な人ががんと診断された人に向けた情報を紹介しています。
更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 掲載しました。
前のページ
病名から探す
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴