このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー

がん検診

がん検診の目的は、がんを早期に発見し適切な治療を行うことによりがん死亡率を減らすことです。がん検診によるがん死亡率減少を目指すためには、科学的根拠のある検診を、適切な精度管理体制を整えた上で行い、受診率を高く維持することが必要です。そのためには、質の高い検診を安定的に行う仕組み(精度管理)が必要不可欠なことが海外の事例であきらかになっています。

更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 掲載しました。
ページの先頭に戻る