本文へ移動
HOME > 予防・検診 > がん検診 > 子宮頸がん検診について

子宮頸がん検診について

更新・確認日:2019年09月02日 [ 履歴 ]
履歴
2019年09月02日 「子宮がん検診の勧め」「子宮がん検診Q&A」を統合し、内容を更新しました。
2012年01月20日 更新しました。
2004年05月17日 掲載しました。

1.子宮頸がんについて

子宮頸がんに罹患する人(かかる人)は、わが国の女性のがんの中でも比較的多く、また30~40歳代の女性で近年増加傾向にあります。
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papilloma Virus)の感染が関連しています。HPVは、子宮頸がんなどを引き起こすウイルスですが、HPV感染者のほとんどは一過性の感染で、2~3年以内に感染が自然消失します。ごく一部で感染が持続し、数年~数10年の長い時間をかけて、前がん病変(異形成)を経て、子宮頸がんになります。軽度の前がん病変の80%はがんに進展せず、一部は自然に消えてなくなります。
早期の子宮頸がんは自覚症状がないことが多いですが、月経(生理)以外に出血がある、閉経したのに出血があるなどの不正出血がある場合や、月経が不規則などの症状がある場合には検診を受診せず、すぐに医療機関を受診してください。また定期的に婦人科を受診し、経過観察中の方はがん検診ではなく、受診中の担当医の指示を受ける必要があります。

2.科学的根拠に基づく子宮頸がん検診

1)子宮頸がん検診の方法

子宮頸がんの死亡率を減少させることが科学的に認められ、子宮頸がん検診として推奨できる検診方法は「細胞診」だけです。子宮頸部(子宮の入り口)を、先にブラシのついた専用の器具で擦って細胞を採り、異常な細胞を顕微鏡で調べる検査です。
※月経(生理)中は避けて検査を受けてください。

HPV検査を含む方法(HPV検査単独・HPV検査と細胞診の同時併用法・HPV検査陽性者への細胞診トリアージ法)は死亡率減少効果の有無を判断する証拠が不十分であるため、対策型検診(住民検診)として実施することは勧められていません。

2)子宮頸がん検診の対象年齢

子宮頸がん検診が推奨される年齢は20歳以上の症状のない女性です。

3)子宮頸がん検診の検診間隔

2年に1度定期的に検診を受診することが推奨されています。

4)子宮頸がん検診の精密検査

検診で「異常あり」という結果を受け取った場合は、必ず精密検査を受けてください。子宮頸がん検診における一般的な精密検査は、コルポスコープ下の組織診・細胞診・HPV検査などを組み合わせて行います。

(1)コルポスコープ下の組織診

コルポスコープ(腟拡大鏡)を使って子宮頸部を詳しく見ます。異常な部位が見つかれば、組織を一部採取して悪性かどうかを診断します。

(2)HPV検査

子宮頸部から細胞を採取し、HPVに感染しているかどうかを調べる検査です。子宮頸がん検診の細胞診の結果によって、コルポスコープ検査が必要かどうかを判断するために実施されることがあります。

3.子宮頸がん検診 Q&A

Q1ヒトパピローマウイルス(HPV)って何ですか。
A1人の皮膚や粘膜に感染するウイルスで、性交渉で感染することも知られています。100種類以上あり、そのうち15種類ほどが子宮頸がんと関連があるといわれています。HPV感染そのものはまれではなく、感染しても多くの場合症状のないうちにHPVが自然に排除されると考えられています。HPVが排除されずに感染が続くと、一部に子宮頸がんが発生することがあります。HPVは子宮頸がんの前がん病変ではほぼ100%にみられ、子宮頸がんの危険因子の1つです。
Q2HPVの効果的な予防方法はありますか。
A2性交時のコンドーム使用は、ヒトパピローマウイルスの感染予防に有効とされています。またほかの性感染症予防にも役立ちます。
Q3妊婦が受けてもよいのですか。
A3妊娠していても受診することはできます。医師と相談の上、検査を受診してください。
Q4過去に子宮の手術を行いました。その後、検診は受診できますか。
A4子宮筋腫や子宮がんの手術は、病気の部位や進行度によりさまざまな手術方法が選択されます。子宮全摘(子宮を全部取った場合)後は、子宮頸がん検診(細胞診)の必要はありません。子宮体部を摘出し子宮頸部を残す手術を行った場合(分娩時の大出血による緊急手術など)は、残存子宮頸部から子宮頸がんが発生する可能性があり、検診の対象になります。手術後に検診を受けるかどうかは、医師と相談してください。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ