このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
小児がん関連のセミナー・フォーラム
2016年3月5日開催

小児がんの子どもの教育セミナー、広島

全国で15の小児がんの拠点病院が認定されました。小児がんの子どもの医療は目覚ましく進歩しております。そこで、国立特別支援教育総合研究所と国立がん研究センターがん対策情報センターでは、協力して、研究成果を基に小児がんの子どもの教育支援について理解・啓発に努めています。入院中の教育だけではありません、退院後の教育も子どもたちには重要です。まずは、小児がんの子どもの教育を知っていただくことが重要です。
今回は、拠点病院の1つである広島大学病院の小児がん相談員、院内学級の教諭と一緒にセミナーを開催します。ぜひ、ご参加ください。

開催にあたり、広島大学医学部小児科学教室、同大学病院患者支援センター、広島県教育委員会、広島市教育委員会の方々にご協力をいただきましたことを深く感謝いたします。

【概要】

テーマ
「小児がんの子どもの教育」
開催日時
2016年3月5日(土)13:30~16:30(13:00受付開始)
会場
〒732-0057 広島市東区二葉の里3-2-3
広島県医師会 301会議室
対象
小児がんの子どもの教育に関係する教員・教育委員会等教育関係者
小児がんの子どもの医療に関係する医療関係者、がん相談専門員等
プログラム
13:30-14:00 開会の挨拶
セミナー(1)小児がんの子どもの教育~小児がんの拠点病院にある学校・学級の調査より
(国立特別支援教育総合研究所教育情報部長 新平鎮博)
14:00-15:05 小児がんの子どもの教育(広島大学病院にある院内学級)と相談の紹介
(広島市立比治山小学校教諭 山﨑明子)
(広島市立段原中学校教諭 平岡久子)
(広島大学病院小児がん相談員 笹木忍)
15:05-15:15 休憩
15:15-15:50 特別講演(1)小児がんの医療について
(広島大学大学院医歯薬保健学研究院・小児科学教授、大学病院副院長 小林正夫)
15:50-16:25 特別講演(2)小児がんの子どもの地域における教育支援(復学支援)
(大阪教育大学教育学部・特別支援教育講座准教授 平賀健太郎)
16:25-16:30 閉会の挨拶
(国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦)

※ いずれの講演も質疑応答の時間を含みます

申し込み方法

  • 入場無料
  • 募集人員:約50人
  • 募集期間:2016年2月12日(金曜日)まで ※ただし、予定数に達した時点で終了します
  • 応募方法:添付の申し込み用紙にて、下記のFAX番号へお申し込みください(受付後7日以内に参加の可否を回答予定)。
    お申込み先FAX番号:046-839-6938
この件に関する問い合わせ先
国立特別支援教育総合研究所(担当:新平)
TEL:046-839-6873
〒239-8585 神奈川県横須賀市野比5-1-1
主催
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター
協力
広島大学病院、広島県教育委員会、広島市教育委員会
更新・確認日:2016年01月13日 [ 履歴 ]
履歴
2016年01月13日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す