本文へ移動
HOME > 多地点テレビカンファレンス > 多地点合同メディカル・カンファレンス 2018年度 > 多地点合同メディカル・カンファレンス[2019-第1回]

多地点合同メディカル・カンファレンス[2019-第1回]

更新・確認日:2019年01月11日 [ 履歴 ]
履歴
2019年01月11日 抄録を更新しました。
2018年12月27日 抄録を掲載しました。

日時 2019年01月24日(木) 17:30~19:00
テーマ 臨床試験に必要な統計的考え方
(静岡県立静岡がんセンター発信)
座長 静岡県立静岡がんセンター 臨床研究支援センター 研究推進室 野津昭文
講師 静岡県立静岡がんセンター 臨床研究支援センター 研究推進室 盛啓太
タイトル:「臨床試験に必要な統計的考え方」
本レクチャーでは生物統計の専門家が講師となり、主にがんの臨床研究を行う際の知識を概説する。
対象として想定しているのは研究を行ったことがないが行ってみたい医療者、研究を行ったことがあるが自身が指導する側になるとすると的確に指導が出来るか不安な医療者を考えている。
講義の前半は主に研究を企画する際に頻用するデザインを提示し、実際に症例数設計などが出来るwebサイトなども一緒に紹介する。
後半は特に後ろ向き研究を行う際に知っておいてほしいことを研究開始時から順を追って説明する。

講師略歴
最終学歴:
2014年9月 総合研究大学院大学 複合科学研究科 統計科学専攻 修了
博士号取得(統計科学)

職歴:
2012年5月 静岡がんセンター 臨床試験支援室 生物統計担当
2015年4月 静岡がんセンター 臨床研究支援センター 研究推進室 室長
2017年5月 EORTC にてResearch fellow of statistics department として勤務
2018年4月 静岡がんセンター 臨床研究支援センター 研究推進室 室長職に復職

用語集
このページの先頭へ