本文へ移動
HOME >  お知らせ一覧 2007年度(平成19年度) >  宮城県における「がん情報サービス向上に向けた地域懇話会」

宮城県における「がん情報サービス向上に向けた地域懇話会」

更新日:2007年06月05日    掲載日:2007年06月05日
宮城県におけるがん情報サービス向上に向けた地域懇話会の概要

■開催日時

開催日:2007年03月08日(木) 
開催時間:13:30〜15:30

■会場

宮城県立がんセンター 1階 大会議室(宮城県名取市愛島塩手字野田山47−1)

■参加者数

107名

■懇話会概要

・ 挨拶
     福田治彦(国立がんセンターがん対策情報センター臨床試験・診療支援部長)
桑原正明(宮城県立がんセンター総長)

・ 講演
  1. がん対策情報センターが行うがん情報サービスについて(PDF)
(国立がんセンターがん対策情報センター長補佐 若尾文彦)
  2. 宮城県におけるがん対策の取組みについて(PDF)
(宮城県健康福祉部健康対策課長 佐々木清司)
  3. 都道府県がん診療連携拠点病院に指定された東北大学病院の取組み(PDF)
(国立大学法人東北大学病院がんセンター長 山田章吾)
4. 地域における研修交流の実態〜宮城県の取組み〜(PDF)
(宮城県立がんセンター院長 西條 茂)

※pdfファイルが開かない場合は、ファイルをダウンロードしてから開いてください。ファイルをダウンロードする際には、ウインドウズの場合は、右ボタンクリックで「対象をファイルに保存」を選択してください。マッキントッシュの場合は、コントロールボタンを押しながらクリックし、「リンクを別名で保存」を選択してください。

・ 患者、家族、住民、医療従事者等との意見交換、質疑応答等
     宮城県関係者、国立がんセンター、宮城県立がんセンター、東北大学病院などに対して、患者・家族の方などからの質問や要望が寄せられ、活発な意見交換が行われました。

懇話会風景写真

■意見交換・質疑応答における主な意見等

地域がん診療連携拠点病院では、患者さんのためにどのようなことをできるか。
開業医の在宅ケアは不十分だが、県からバックアップをしてもらえないか。
家族や患者が集ったりホッとしたりできる場所を、病院内に作ってほしい。
地域の病院の情報をどこで知ったらいいのか。
卵巣がんを早期発見できる検診をしてほしい。
放射線治療の回数はどのようにして決まるのか。
免疫療法というのはどういうものか。

用語集
このページの先頭へ