このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
お知らせ一覧 
2021年度(令和3年度)

「患者・市民パネル(がん対策応援団)」を募集します。

~国立がん研究センター 2022年度「患者・市民パネル」の募集について~

患者・市民パネル

患者・市民パネルイメージイラスト
国立がん研究センターでは、わが国におけるがん対策の総合的かつ計画的な推進のために、患者さんやその家族、一般市民の皆さまの視点を取り入れていくことが不可欠であるという認識から、2008年度より、「患者・市民パネル」を募集して活動を行っております。
このたび、2022年度の募集を行うこととなりました。活動の内容および応募資格などは、次のとおりです。

主な活動の内容

  1. 1)患者・市民の立場から、課題や取り組みなどに対する意見をいただくこと
  2. 2)多様な視点がとりこまれた研究を進めるため、調査に協力していただくこと
  3. 3)がん対策に関わる活動(講演会の案内など)を広報していただくこと
  4. 4)パンフレットやウェブページの情報の見やすさ、わかりやすさなどのチェック
  5. 5)意見交換会などの会議への出席

年度によって、具体的な依頼の内容は変わります。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、当面の活動はオンラインで実施する予定です。

集合開催の場合は交通費を支給します。

応募資格

がん対策への関心・熱意・見識を持った18歳以上の方(2022年4月1日現在)で、次の4つの条件をすべて満たしていることが必要です。ただし、国会議員および地方公共団体の議会の議員、常勤の国家公務員を除きます。また、これまでに4年以上、「患者・市民パネル」を経験された方の優先度は下がりますので、ご承知おきください。

  1. 1)下記(a)(b)のいずれかに該当する方

    患者会の所属有無を問いません。

    • (a) がん患者もしくはがん経験者、または現在もしくは過去においてがん患者の家族、介護者、がん患者のサポートに携わったことのある方、もしくは携わろうとしている方
    • (b) 上記(a)には該当しないが、適切ながん情報の普及啓発に関心のある方
  2. 2)国立がん研究センターの活動を理解し、医療専門家と患者・一般市民の双方の立場を踏まえた活動ができる方
  3. 3)多様な人々と協調し、日本語でうまくコミュニケーションをとれる方、調整できる方
  4. 4)単独または家族の支援により、インターネット・パソコン・電子メールを使うことができる方

ご自身で、以下の環境の準備と確認をお願いします。機器・Wi-Fi等の貸し出しはございません。
インターネット環境、パソコンなどの端末、ウェブカメラ、マイク、スピーカー(ヘッドホン・イヤホン)

また、患者・市民パネルの活動を遂行するため、以下の3つの条件を満たすことが望まれます。

  1. (1)がん、地域、患者の支援活動に貢献する意思があること
  2. (2)がんに関連する情報を収集、発信する能力があること
  3. (3)わかりやすい文書を作成する能力があること

なお、がん以外の病気や障害をお持ちで、事務局で配慮すべき事項がある場合には、どのような配慮が必要であるのかについて適切に伝えていただくようご協力をお願いいたします。

詳細および応募方法

詳細および応募方法については「患者・市民パネル」募集案内をご覧ください。

応募の締め切りは2022年1月12日(水)(当日消印有効)です。

応募書類が到着次第、事務局よりメールにて拝受のご連絡をいたします。送付日から5営業日以内にメールが届いていない場合には、応募書類の不着が考えられますので、事務局までご連絡ください(2021年12月24日以降に受領致しました書類につきましては、2022年1月11日以降のご連絡となる可能性がございますので、ご了承ください)。

メンバー経験者からの声

  • 応募した頃、私は患者会や支援活動などとも無縁、普通の患者でした。かけがえのない経験をさせていただき、居住する県で初めて、自分の罹患しているがんの患者会を設立することができました。(北海道 男性)
  • 患者・市民パネルになって、自分の住んでいる地域の自治体のがん対策に初めて関心を持ちました。地域が違うと医療事情や患者さんの抱える悩みが違ってくることを知り、他にもいろいろな気づきを得ることができました。Zoom越しにお会いした方々がそれぞれの立場でできることを頑張っていらっしゃる姿に刺激をもらいました。(東京都 女性)
  • 申込動機などを応募書類に書き込んでいるうちに、自分のこれまでの病気などの振り返りができたことを思い出します。素敵な出会い、繋がり、たくさんの学びがあった4年間でした。これからもこの患者・市民パネルで得たことを地元の活動に役立てていきたいと思います。(山梨県 女性)
  • 一人の患者・家族として、その一部を受け取るだけだった「がんに関する情報」が、どのような過程を経て発信されているのか。パネルの活動を通して、その長い道のりや関わる方々の役割・想いを知り、またその一部に関わる機会をいただき、「社会に対して一人ができること」を以前よりもイメージできるようになりました。「何かしたい」「何ができるだろう?」という想いの種をお持ちの方にはぜひお勧めしたいです。 (大阪府 女性)

ちらしはこちらからご覧いただけます。

問い合わせ先

がん対策応援団(患者・市民パネル)イメージイラストとがん情報サービスロゴマーク
国立がん研究センターがん対策研究所
「患者・市民パネル事務局」
E-mail:

選考基準などに関する個別のお問い合わせにはお答えできません。

年末年始は対応を休止します。

更新・確認日:2021年11月17日 [ 履歴 ]
履歴
2021年11月17日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴