このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
「がん相談支援センター」
紹介ラジオドラマCM
「がん相談支援センター」紹介ラジオドラマCM

『明日への扉』放送(和歌山県、9月~10月放送)のお知らせ

概要

国立がん研究センターでは、全国のがん診療連携拠点病院に設置されている「がん相談支援センター」を知っていただくための「ラジオドラマCM『明日への扉』」を作成しました(今年度新たに6話を制作)。
9月下旬から10月上旬にかけてWBS和歌山放送ラジオにて、情報提供していきます。ぜひお聴きいただき、ご感想、ご意見などお寄せください。

放送時期

放送時期:2016年9月26日(月)~10月07日(金)

放送時間:下記の放送番組にある番組表をご覧ください。

放送局と周波数

WBS和歌山放送ラジオ: AM 1431kHz FM 94.2Mhz

(中継局 田辺・すさみ 1233kHz 橋本・高野山 1485kHz 新宮・御坊1557kHz)

  • 田辺/すさみ 1233kHz
  • 橋本/高野山 1485kHz
  • 新宮/御坊 1557kHz

ドラマCM『明日への扉』の内容

相談エピソードが全10話あり、1話3~4分程度でいずれも1話完結です。
今回の放送では、以下5話をお届けする予定です:

第1話:とりあえず治療費は大丈夫
第2話:夫と妻、くもりのち晴れ
第3話:お父さん、手術してよっ!!
第4話:がんでも仕事は辞めません。
第5話:まさか!?私が乳がん・・・

放送時間帯

WBS和歌山放送ラジオのボックス(月~金)8時30分~10時44分の1コマ(9時35分頃)で放送します。

日付 「ボックス」内 9:35頃~
9月26日(月) 第1話
9月27日(火) 第2話
9月28日(水) 第3話
9月29日(木) 第4話
9月30日(金) 第5話
10月3日(月) 第1話
10月4日(火) 第2話
10月5日(水) 第5話
10月6日(木) 第3話
10月7日(金) 第4話

お聴きになるには

WBS和歌山放送ラジオの聴取可能地区にお住まいの方は、直接ラジオでも、またRadiko(PC、スマホ等対応)でもお聴きになれます。
その他の地域の方でも、radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)にご加入いただいた方はお持ちのRadiko Playerで聴くことができます。

協力

本ラジオドラマCM『明日への扉』は、国立がん研究センターがん対策情報センターが制作し、和歌山県がん診療連携協議会の協力により放送しています。

後援

本ラジオドラマCM『明日への扉』は、和歌山県ならびにWBS和歌山放送ラジオの後援により放送します。

連動企画

ドラマにも登場するがん専門相談員が、和歌山県民文化会館 (和歌山県民文化会館のご案内)で開催される市民公開セミナー「がんの時代を生きる」に登壇し、県内の「がん相談支援センター」の使い方をご案内します。

あなた、あるいはあなたの大事な人が「がん」と診断された時あわてずに信頼できる「がん情報」を探すコツを県内拠点病院、ならびに国立がん研究センターの専門医から学ぶチャンスです。
詳しくは「がん情報普及啓発パートナー・共催セミナー:「がん」の時代を生きる(10月6日和歌山市)」をご確認ください。

更新・確認日:2016年08月26日 [ 履歴 ]
履歴
2016年08月26日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
閉じる

病名から探す

閲覧履歴

相談先・
病院を探す