本文へ移動

眼腫瘍(がんしゅよう)

更新・確認日:2020年06月11日 [ 履歴 ]
履歴
2020年06月11日 新規掲載しました。

1.眼腫瘍とは

眼腫瘍は、腫瘍が眼のどの部位にできたかによって、次のように大きく3つに分類することができます。部位によってできる腫瘍の種類は異なります。
眼球内腫瘍がんきゅうないしゅよう(眼球にできる腫瘍): 網膜芽細胞腫もうまくがさいぼうしゅ(小児)、脈絡膜悪性黒色腫みゃくらくまくあくせいこくしょくしゅ、眼内悪性リンパ腫など
眼付属器がんふぞくきの腫瘍(眼球の周りにできる腫瘍): 眼瞼腫瘍がんけんしゅよう涙腺るいせんがん、眼付属器リンパ腫、眼窩肉腫がんかにくしゅ結膜腫瘍けつまくしゅようなど
視神経腫瘍ししんけいしゅよう(眼の神経にできる腫瘍): 神経膠腫しんけいこうしゅ髄膜腫ずいまくしゅ神経鞘腫しんけいしょうしゅなど

2.症状

早い段階から視力に影響が出るもの、見た目でわかるものなど症状の出かたはさまざまで、早期にはあまり症状が出ないこともあります。
  • 眼内悪性リンパ腫:飛蚊ひぶん症(視野の中に虫のようなものが飛んで見える)や霞視むし(視野に霧がかかったように見える)など。
  • 脈絡膜悪性黒色腫:視野が欠けたり、ぼやけたり、ゆがんだりする。
  • 涙腺がん:視力があまり低下しないため、腫瘍が大きくなるまで気付かないことも多い。腫瘍が大きくなると眼球がかたよったり突出したりすることもある。
  • 視神経腫瘍:視力が低下する。腫瘍が大きくなると眼球が突出することもある。
  • 網膜芽細胞腫:瞳孔が白くなる(目が白く見える)、視力が低下するなど

3.患者数(がん統計)

眼および付属器のがんは、新たに診断される患者さんの人の数が、1年間に約360人と少ないがんです。
※参考文献:
木下茂 中澤満 村上晶編.標準眼科学 第13版.2016, 医学書院
厚生労働省ウェブサイト.がん登録 全国がん登録 罹患数・率 報告 平成28年報告;2019年
関連情報
●眼腫瘍に関する情報
●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
希少がん診療実績から探す
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ