本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 頭頸部の肉腫

頭頸部の肉腫(とうけいぶのにくしゅ)

更新・確認日:2020年02月03日 [ 履歴 ]
履歴
2020年02月03日 新規掲載しました。

1.頭頸部の肉腫とは

頭頸部とは、脳と目を除いた首から上の構造の総称です。頭頸部に肉腫ができることはまれですが、すべての年代、性別で発症する可能性があります。

2.症状

症状は肉腫ができた部位によって異なります。上気道、鼻・副鼻腔ふくびくう、頭蓋底にできた場合には、声がれ、息苦しさ、鼻のつまり、鼻血、脳や神経からくる症状(顔面のしびれや物が二重に見える、むせるなど)が出ることがあります。首にできた場合は、腫瘤しゅりゅうとして気がつくこともあります。

3.患者数(がん統計)

頭頸部の肉腫は、新たに診断される人の数が1年間に10万人あたり1人未満と少ないがんです。
関連情報
●頭頸部の肉腫に関する情報
●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ