本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 嗅神経芽細胞腫

嗅神経芽細胞腫(きゅうしんけいがさいぼうしゅ)

更新・確認日:2019年07月17日 [ 履歴 ]
履歴
2019年07月17日 新規掲載しました。

1.嗅神経芽細胞腫とは

嗅神経芽細胞腫は、鼻腔(鼻の中)の上方にある嗅上皮(しゅうじょうひ)から発生する悪性腫瘍です。

2.症状

嗅神経芽細胞腫は、比較的ゆっくり大きくなる腫瘍であり、初期には特有の症状はありませんが、鼻づまりや鼻血などで症状があらわれはじめることが多いです。腫瘍が大きくなるにつれて、嗅覚障害、頭痛、目の動きへの障害などが生じることもあります。

3.患者数(がん統計)

嗅神経芽細胞腫は、新たに診断される患者さんの人数が、1年間に10万人あたり6人未満と少ないがんです。
※参考文献:Tamaki T, Dong Y, Ohno Y, et al. The burden of rare cancer in Japan: Application of the RARECARE definition. Cancer Epidemiol. 2014; 38(5): 490-495.
関連情報
●嗅神経芽細胞腫に関する情報
●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ