本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 体幹の肉腫

体幹の肉腫(たいかんのにくしゅ)

更新・確認日:2020年02月03日 [ 履歴 ]
履歴
2020年02月03日 新規掲載しました。

1.体幹の肉腫とは

体幹とは、胸壁や腹壁(胸やおなかの表面)、脊椎せきつい(体を支える背骨)、肋骨ろっこつや骨盤などのある体の部分です。

このため、体幹に肉腫ができると、手術(外科治療)で患部を取りきることが難しいことがあり、複数の診療科の連携による集学的治療が必要になることもあります。

2.症状

肉腫が体幹部の体の表面にできた場合、もっとも気付きやすい症状は痛みのない腫瘤しゅりゅうです。比較的体の深い部分にできた場合には、腫瘤が大きくなるまで見た目では気付かないことも多く、検診や他の疾患の治療のために受けた胸部レントゲンやCT検査、MRI検査などで偶然発見されることもあります。

肉腫が脊椎や肋骨、骨盤にできた場合には、背中や腰部、おしりに痛みがでることがあります。早期では体の動きなどにともなう痛みが中心ですが、骨の破壊が進むとじっとしていても痛みを感じることもあります。また、脊髄、肋間ろっかん神経、骨盤周囲の神経に肉腫が広がると、頑固な手足のしびれや痛みを感じたり、手足が動かしづらくなる麻痺まひ症状がでたりします。

3.患者数(がん統計)

体幹の肉腫は、新たに診断される人の数が1年間に10万人あたり1人未満と少ないがんです。
関連情報
●体幹の肉腫に関する情報
●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ