本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 胸腺腫と胸腺がん

胸腺腫と胸腺がん(きょうせんしゅときょうせんがん)

更新・確認日:2019年05月13日 [ 履歴 ]
履歴
2019年05月13日 関連情報にPDQ®の情報を追加しました。
2019年04月25日 「1.胸腺腫と胸腺がんとは」「2.症状」「3.患者数(がん統計)」を更新し、1ページにまとめました。
2012年12月18日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
1996年04月10日 掲載しました。

1.胸腺腫と胸腺がんとは

胸腺腫と胸腺がんは、胸腺の上皮細胞から発生する腫瘍です。胸腺は、胸骨の裏側、心臓の上前部(前縦隔:ぜんじゅうかく)にあり、Tリンパ球と呼ばれる白血球をつくっている臓器です。

胸腺腫と胸腺がんはやや性質が異なりますが、ともに悪性の腫瘍として扱われています。胸腺腫は、腫瘍細胞が増殖するスピードが比較的ゆっくりとしています。一方で、胸腺がんは、腫瘍細胞の増殖のスピードが速く、別の部位に転移するといった性質があります。

2.症状

胸腺腫と胸腺がんは、周囲の組織に直接影響を与えるほど大きくならない限りは無症状です。がんが進行すると、咳(せき)、胸痛、呼吸困難などの症状が出ます。また血液の流れを止めるような部位に腫瘍が発生した際は、顔面や首に、うっ血や浮腫(ふしゅ:むくみ)などの症状があらわれます。

また、胸腺腫の患者さんは、免疫系などに関連したほかの病気を持っている場合があり(重症筋無力症、低ガンマグロブリン血症、多発筋炎など)、これらの症状から病気が見つかることもしばしばあります。

3.患者数(がん統計)

胸腺の悪性腫瘍は、新たに診断される患者さんの人数が、1年間に約1300人と少ないがんです。
※参考文献:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」全国がん罹患モニタリング集計 2014 年罹患数・率報告,2018年
関連情報
●胸腺腫と胸腺がんに関する情報
国立がん研究センター希少がんセンター 胸腺腫・胸腺がん国立がん研究センター公式サイトへのリンク

外部サイトへのリンク(公財)神戸医療産業都市推進機構 がん情報サイト PDQ® 日本語版 胸腺腫および胸腺がんの治療(PDQ®)
※海外の医療事情に基づく情報が含まれており、日本では認められていない治療や薬、行われない補完代替療法等の情報も含まれています。

●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ