本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 尿膜管がん

尿膜管がん(にょうまくかんがん)

更新・確認日:2019年07月17日 [ 履歴 ]
履歴
2019年07月17日 新規掲載しました。

1.尿膜管がんとは

尿膜管がんは膀胱と臍(へそ)の間にある尿膜管できる悪性腫瘍の1つです。尿膜管は胎生期に胎児の膀胱と臍帯(へその緒)をつなぎ、必要な物質のやり取りを行っています。通常は出生後閉鎖しますが、構造は残ります。この部分ががん化したものを尿膜管がんといいます。

尿膜管がんは、腫瘍細胞の組織学的診断では腺がんがほとんどですが、その他の組織型であることもあります。

2.症状

尿膜管がんは、多くの場合、早期では無症状です。進行すると、尿に血液が混ざること(血尿)や、膀胱の違和感や痛みが生じることがあります。

3.患者数(がん統計)

尿膜管がんは、新たに診断される患者さんの人数が、1年間に10万人あたり6人未満と少ないがんです。
関連情報
●尿膜管がんに関する情報
●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ