このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
臨床試験について

小児がんの臨床試験

がんの治療は治療技術の進歩とともに変わります。多くの治療法の中で、その時点で得られている科学的な根拠に基づいた最善の治療を「標準治療」と呼びます。

小児がんの場合、症例数が限られることなどから、標準治療が定まっていないこともあります。

最善の治療を確立するため、あるいは新しい治療の有用性を科学的に検証するため、世界各地で常に「臨床試験」が行われています。

小児がんは、患者数が少なく、臨床試験として治療が行われることもあります。 小児がんの治療の選択肢として、医師から臨床試験への参加を提示されることがあるかもしれません。十分に説明を受け、お子さんやご家族が十分に納得した上で、参加するかどうかを決めることが大切です。

小児がんの臨床試験を探す

  • 臨床試験への参加を検討したい場合には、今おかかりの担当医にご相談ください。
  • がんの種類によっては、臨床試験が見つからないこともあります。また、見つかったとしても、必ず参加できるとは限りません。
検索の前に、がんの臨床試験についてこちらをご確認ください。
「がんの臨床試験を探す」の使い方のコツや注意事項がまとめてあります。
更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 関連情報を追加しました。
2014年04月22日 がん情報サービスの情報をもとに再編集し、掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴