このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
診断と治療

AYA世代のがんの病院のかかり方・探し方

~15歳から30歳代でがんと診断された人へ~

1.病院のかかり方

20歳代までのAYA世代に多いがんの種類はまれなものが多く、がん全体としては患者数が少ないため、家の近くの病院に専門の医師がいないこともあります。

20歳未満の方へ

15~19歳は、小児期のがんと同じ種類であることが多く、心身ともに発達の過程にあるため、小児科で診察を受けることが勧められています。

なお、小児科で診療を受け始めた場合には、年齢とともに体や病気の状態が変化していくため、成人の診療科を受診するタイミングを考えていくことが必要となります。これまで受診していた小児科の医師に相談し、成人の診療科でも自分がかかったがんを専門とする医師や、診療経験がある医師を見つけていきましょう。

20歳以上の方へ

20歳以上の人の場合には、まずは成人の診療科を受診することが勧められます。ただし、がんの種類によっては、小児科の治療法の方が成人の診療科の治療法よりも効果があるという研究結果もあります。小児科と成人の診療科のどちらで治療を受けるのがよいのか、どの治療法を選択するのがよいのか、医師と相談するのがよいでしょう。

がん相談支援センターで、病院のかかり方を相談することができます

全国には、専門的ながん医療の提供や、患者や家族への相談支援などを行う「がん診療連携拠点病院」が整備されています。さらに、小児がんの医療や支援を提供する中心施設である「小児がん拠点病院」もあります。どちらにもがんやがんによって起こるさまざまな生活上のことなどを相談できる「がん相談支援センター」があります。

「がん相談支援センター」では、その病院を受診していなくても、誰でも無料で相談することができます。どのように病院や医師を見つけていくかを相談したり、病院を一緒に探してもらったりすることもできます。しばらく受診していないときや引っ越しをしたときなど、どの病院を受診してよいかわからない場合にも、がん相談支援センターに相談してみましょう。

2.病院の探し方

病院は以下のような方法でも探すことができます。

インターネットでがん診療連携拠点病院などを探す

「小児がん拠点病院」や「がん診療連携拠点病院」は、「相談先・病院を探す」で探せます。

以下のページの「病名(がんの種類)から探す(1つのみ選択可)」から、がんの種類で病院を絞り込むことができます。

なお、15~19歳で小児科の病院を探す場合には、以下のページをご覧ください。「小児がん診療拠点病院(地域において小児がん医療および支援を提供する中心施設)」や、「小児がん連携病院(小児がん診療拠点病院と連携して医療を提供する施設)」などを探すことができます。

がん相談支援センターで、がんの種類別の診療数で病院を探してもらう

AYA世代のまれながんである場合にも、がんの種類や年代別に、病院ごとの診療経験件数を検索してもらうことが可能です。がん診療連携拠点病院などのがん相談支援センターで、「施設別がん登録件数検索システム」を使って病院を検索してもらえます。

更新・確認日:2022年12月15日 [ 履歴 ]
履歴
2022年12月15日 掲載しました。
前のページ
診断と治療
よりよい情報提供を行うために、
アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートはこちらから
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴