本文へ移動
HOME >  お知らせ一覧 2018年度(平成30年度) >  「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」(in 広島)
中国・四国地区 図書館&がん相談支援センター連携ワークショップ

「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」(in 広島)

更新・確認日:2018年08月23日 [ 履歴 ]
履歴
2018年08月23日 掲載しました。

■開催日時

開催日:2018年12月14日(金)
開催時間:13:00~16:30(開場12:30)(情報交換会16:40~17:40)
※平成30年度中国・四国地区図書館地区別研修のプログラム終了後の時間帯です。

■会場

外部サイトへのリンク広島国際会議場 外部サイトへのリンク大会議室「ダリア」(1)(地下2階)
〒730-0811 広島県広島市中区中島町1番5号(平和記念公園内)

■開催概要

外部サイトへのリンクがんの対策」では、がんの情報や相談の場について、患者さんやご家族だけでなく、一般市民の皆さまにも知っていただくことが、いざという時にあわてずに、重要な意思決定を行うことを助け、また長期にわたる療養と通常生活を両立させる上でも、信頼できる情報を身近なところで入手できることが、不安や悩みをより早い段階で解消する上で役立つ、との認識から、全国でさまざまな取り組みが進められているところです。

公立図書館においては、地域の課題解決支援サービスを強化する動きの一環で健康・医療情報の提供を重点課題にあげる図書館が増え続けている一方で、レファレンスサービスの規定事項として医療や健康情報については回答範囲に制限を設けるなど、図書館のみで対応しきれない利用者ニーズに対応する上で、医療機関と連携する必要性が認識されています。

がん診療連携拠点病院(専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携体制の整備、地域の患者・住民への相談支援や情報提供などの役割を担う病院として、厚生労働大臣が指定する病院)などにおいては、「がん相談支援センター」が地域の患者や住民への専門的な情報提供を担うとされている一方で、急性期病院内の設置となっている故、地域住民における「がん相談支援センター」の認知度はまだまだ低く、ここに利用者を「つなぐ」窓口を大きく広げる必要性が認識されているところです。

このため、国立がん研究センターでは地域住民に対する情報提供を担う専門機関である図書館とがん相談支援センター、さらにがん対策の推進を担う自治体の関係者が、通常の分野を超えた対話の機会を継続的に重ねていく取り組みを支援国立がん研究センター公式サイトへのリンクしています。

今年で4年目を迎える「図書館&がん相談支援センター連携ワークショップ」はこのひとつであり、平成27年度は九州・沖縄地区国立がん研究センター公式サイトへのリンク、同28年度は北日本地区国立がん研究センター公式サイトへのリンク、昨年は東海・北陸地区国立がん研究センター公式サイトへのリンクで各地の公立図書館とがん相談支援センターの新たな連携や活動状況を広く紹介し、各地域での住民を対象にした医療・健康情報の連携に係る課題などについて話し会う場を設けて参りました。今年は、同ワークショップを北海道地区、首都圏地区に加え中国・四国地区でも開催することで、これまでの取り組みをさらに推進する予定です。

がんを含む生活習慣病に関わる情報の効果的な提供に関心のある図書館関係者の皆さま、図書館との連携に関心のある医療関係者や行政関係者の皆さま、ぜひお集まりください。

■講演内容

主催者あいさつ(予定)
  国立がん研究センターがん対策情報センター
  開催地図書館からの挨拶(広島県立図書館)

がん相談支援センターの連携プロジェクトについて
  「図書館とがん相談支援センターの連携プロジェクトについて」
    八巻知香子(国立がん研究センターがん対策情報センター)
  「公共図書館からみたがん相談支援センターとの連携の意義」
    田村俊作(慶應義塾大学名誉教授)

「つなぐ図書館」、また相談支援センターとの連携に向けた試み(調整中)

  ●県内の医療体制を県民に知ってもらうための協働(調整中)
    ・岡山県立図書館
    ・岡山大学病院

  ●市町村図書館の取り組み(仮)
    ・(調整中)

  ●県の健康情報政策と連動した取り組み(調整中)
    ・鳥取県立図書館
    ・鳥取県立中央病院

  ●連携プロジェクトを進める中で見えてきたもの、これからの可能性~堺市の取り組み(仮)
    ・堺市立健康福祉プラザ(点字図書館)
    ・堺市総合医療センター
    ・堺市健康医療推進課

シンポジウム
  「がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」
  パネリスト:(事例発表者他1-2人を予定)

地域別関係者ネットワーキング

■参加者

医療・健康情報に関心を持つ図書館関係者および行政関係者(県・市町村)、患者図書室の関係者、がん診療連携拠点病院などのがん専門相談員、相談支援に関わる医療関係者、図書情報学の研究者など。申込者多数の場合には、中国・四国地区の方を優先させていただきます。ご了承ください。

■参加費・参加申込など

参加費:無料
定員:100人程度
参加申込期限:平成30年11月23日(金)17:00

申し込みはオンライン登録により受け付けております。
外部サイトへのリンク申込ページにおいて必要事項を記入し、登録してください。

申込書の受領通知は、登録時点でご記入いただいたメールアドレス(のみ)に配信します。参加証等は発行しませんので、当日は受領通知のメールを印刷したものをお持ちください。

■会場へのアクセス

会場となる「外部サイトへのリンク広島国際会議場」は平和記念公園内の施設です。「平和記念公園」バス停から徒歩1分、市電「袋町」駅、「原爆ドーム前」駅から徒歩8~9分程の距離です。当日のワークショップ会場は5階の大会議室になります。

周辺の地図はこちらをご参考にしてください。
外部サイトへのリンク「周辺地図」(PDF)
外部サイトへのリンク「広域地図」(PDF)
※お車でお越しの場合、駐車場には限りがございます。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

■問合せ先

図書館&がん相談支援センター連携ワークショップ事務局
e-mail:

■主催・共催・協力・後援・協賛

【主催・共催】国立がん研究センターがん対策情報センター

【協力】(予定)科学研究費助成事業「市民の健康支援のための価値互酬型サービスを支える知識共同体の構築」(池谷班)、広島県立図書館、他

【後援】(予定)鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、関連各県がん診療連携協議会がん相談専門部会、関連各県県図書館協会、日本図書館協会、他(順不同)

【協賛】住友生命保険相互会社
用語集
このページの先頭へ