本文へ移動
HOME > 生活・療養 > 転移・再発 > 生きる意味を考えること

生きる意味を考えること

更新・確認日:2019年04月23日 [ 履歴 ]
履歴
2019年04月23日 「患者必携サイト」から移設しました。
2013年08月27日 掲載しました。
このページは、書籍「患者必携」シリーズの内容を抜粋して掲載しています。
この本をつくる過程で、がんの再発を経験した私たちが直面した「生」と「死」について、何か伝えたいことがある、と誰もが強く思いました。一人一人、考え方には違いがありました。「最後までがんと闘う生き方を伝えたい」と言う人もいれば、「あるがまま、頑張らなくてもいい生き方を大切にしたい」と言う人もいました。それぞれが考える「生きる」は違う形でしたが、死を考えることは、どう生きるかを考えることだ、というのが私たちの結論でした。

1.限りある時間について考えたいと思ったときに

この部分は、あなたが、あなたにとっての限りある時間について考えたいと思ったときのためにつくりました。あなたが今後起こり得ることについて考えたいとき、考えを進める手掛かりとして活用してください。

一方、このことについて考えたくないというときもあります。

それも自然な感情です。そのようなときには無理に読み進める必要はありません。考えたいと思ったときに、このページを開いてみてください。

がんの再発について知りたいと思う情報は、一人一人で違います。余命を詳しく知りたいと思う人もいるでしょうし、そうでない人もいます。

もしも、あなたが、がんについて予想される転機や限られた時間の長さを知りたいと思ったときは、まず担当医に「知りたいと思っている」という気持ちを率直に伝えましょう。ただし、今後の経過や限られた時間の長さについては、担当医であっても正確に語ることはできません。限られた時間はどのくらいなのかについても、類似した状態の患者さんの多くから得られる医学的データから平均的な“生存期間”を推測することでしか語れないものです。あなた自身の将来を確定しているわけではないのです。

限られた時間の長さそのものより、あなたがこれまでどおりに、自分で自分のことができる期間があとどのくらいの見通しなのか、という情報の方がしばしばより重要となります。

あなたが、もし、そのことを知りたいと感じたなら、担当医に「私が、これまでどおり仕事ができるのはどのくらいの期間と考えられるのでしょうか?」「私が、私自身の身の回りのことを行えるのは、あとどのくらいと考えられるのでしょうか?」などと、率直に意見を聞いてみましょう。

自分で自分のことができる期間が限られるとしたら、あなたは何をしたいでしょうか。
  • やりとげたい趣味・仕事・活動などを続ける
  • 友人や家族と過ごす時間をふやす
  • 友人や家族とのいざこざを解決する
  • 自分以外の誰かのためにできることをする
  • 思いを伝えたい人に言葉を残しておく
    ……残された人のその後の人生のために、身近な人に言葉を伝える、あるいは書きとめたものを残すといったことです
  • 重要書類をまとめておく
    ……預金通帳、生命保険の証書、証券、土地や建物の権利書などの重要書類について、第三者がわかるようにまとめ、安全に保管するといったことです
    ……安全に保管する場所としては、金庫、銀行の貸金庫などがあります
  • 財産を整理する準備をする
    ……親族に財産の処分等を依頼しない場合、後見人制度(本人に代わって遺言・相続・契約などの法律行為を行う法定代理人の制度)を活用することが可能です
    ……本人名義の財産は、あなたの配偶者のものではありませんので遺産相続の制度が適用されます
  • 遺言状を作成しておく
    ……定められた書式で作成する必要があり、公証人役場(こうしょうにんやくば)で相談することができます
  • 意識がなくなったときの医療行為(呼吸器をつけることなど)について、家族や担当医に意思表示しておく
    ……人工呼吸器など生命を維持するための延命治療をどの程度してほしいかについて話しておくことです
  • 死後に必要なまとまった費用を用意しておく
    ……あなたの預貯金は、たとえ同居家族であっても、あなたの死後は引き出せなくなります
  • 葬儀の準備をする
    ……葬儀の形や方法を寺院、教会、葬儀社と相談しておくこともできます

2.死について話すこと

死については話したい人もいれば、その話題に触れたくない人もいます。そして死について話したいと思った人でも、話したいときも、話したくないときもあります。死について話したいと思う理由も人によってさまざまです。「死について話すことで“生きること”を考えたい」、あるいは「死んでから自分はどうなるのかしらと、誰かに答えを求めているわけではないけれど問いかけてみたい」など、そして、誰と話したいか、いつ話したいかも一人一人で違うことでしょう。

あなたが死について不安や恐怖を感じていて、もし、あなたが話したいと思う誰かに、その思いを語ることができたなら、あなたの苦しみを和らげる助けとなることは多いかもしれません。

死について話したいと思ったとき、しばしばその話し相手を探すのが難しいことがあります。例えば、患者さんの死が遠くないことを家族や友人が知ったとき、当人が予想しなかったようなさまざまな反応が、周囲から返ってくることがあります。例えば、まるであなたがすでに亡くなってしまったかのような形で話題にしたり、あるいはあなたが永遠に生き続けるかのように、家族が盲目的に生に執着したり、といったことが起こることがあります。
死を迎えるまでの時間は、急な出来事ではなく、継続したプロセスです。多くの場合、患者さんの方が家族より先にこの状況に適応することができます。もしあなたが死について家族や友人と話したいと望んだとしても、相手がまだあなたと一緒に死について話をする準備が整っていないこともあります。家族や友人の方が、状況を受け入れるのが難しく、適応に時間がかかるのです。一見、あなたの気持ちを考えない行動をとっているように見える場合でも、家族や友人が戸惑いながら、状況に適応しようとしていることの現れかもしれません。

だからといって、家族や友人が状況に適応できるまで、ずっとあなたひとりで抱え込んでしまうのはとてもつらいことです。
医師、看護師、そのほかの医療スタッフに自分の気持ちを打ち明け、少しでもあなたの心が軽くなる方法をとってください。

3.不安や恐れから解放されるとき

あなたは、あなたの身近な誰かにとって、かけがえのない大切な存在です。

そして、あなたにも「大切に思う誰か」が、いるでしょう。
あなたの大切な誰かは、困難な状況を乗り越え、成長する力をその人の中に持っています。そう信じることは、あなたが未来に進む力を、きっと与えてくれるでしょう。

4.死の経験について

死の経験がどのようなものなのかは誰もわかりません。ただ死は怖いものではないと多くの人が言います。
死が近付くと、意識がなくなります。意識のある状態とない状態を繰り返し、時折、周囲の人々と話すことができる患者さんもいます。死に至るまで、意識がはっきりとしている患者さんもいます。意識不明である場合、患者さんには何もわかりませんが、周囲の人々が様子を見守り、変化に注意しています。正常に呼吸することができなくなり、外見も変化します。周囲の人々には、死の床にあって、辛うじて呼吸をしているように見えるものです。しかし、臨終にある人は何も感じ取ることができないと多くの医療者は考えています。
死はあるひとつの出来事というよりもひとつのプロセスです。

体がゆっくりと「活動を停止」し始めるのです。死の床にある人が、最期の瞬間に経験することは誰も知りません。各自がそれぞれ想像しているのです。苦痛と看護から解放される瞬間であると考えている人もいます。心地よい眠りに入ることだと想像している人もいます。

もしあなたが死を迎えるとき、誰かにそばにいてほしい、こうしてほしいと思うのであれば、そのことをぜひあらかじめ伝えておいてください。あなたの意識があるか、ないかにかかわらず、あなたの希望は尊重されながら最後まで見守られ、人として大切にされます。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ