本文へ移動
HOME > 診断・治療 > がんの治療方法 > がんゲノム医療とがん医療における遺伝子検査 > がんゲノム医療 まず、知っておきたいこと

がんゲノム医療 まず、知っておきたいこと

更新・確認日:2018年11月21日 [ 履歴 ]
履歴
2018年11月21日 掲載しました。
●ゲノムとは、遺伝子をはじめとした遺伝情報の全体を意味します。
ゲノムは体をつくるための、いわば設計図のようなもので、一人一人違っています。

●がんゲノム医療は、遺伝子情報に基づくがんの個別化治療の1つです。
がんゲノム医療とは、主にがんの組織を用いて、多数の遺伝子を同時に調べ、遺伝子変異(※1)を明らかにすることにより、一人一人の体質や病状に合わせて治療などを行う医療です。
現在、実施するための体制づくりが進められています。
(※1)遺伝子変異:がん細胞の中の遺伝子がなんらかの原因で後天的に変化することや、生まれもった遺伝子の違い

●がんゲノム医療は、標準治療がないまたは終了しているなどの条件を満たす場合に行われます。
図1 遺伝子情報に基づくがんの個別化治療
図1 遺伝子情報に基づくがんの個別化治療の図
一部のがんの治療では、すでに標準治療として、がんの組織などを用いて1つまたはいくつかの遺伝子を調べる「がん遺伝子検査」を行い、遺伝子に合う薬の選択がすでに行われています。

一方、「がんゲノム医療」として、多数の遺伝子を同時に調べる検査である「がん遺伝子パネル検査」が、標準治療がないまたは終了したなどの条件を満たす場合に行われるようになってきています(図1)。
●がん遺伝子パネル検査は、合う薬があるかどうかを調べる検査です。
「がん遺伝子パネル検査」の結果、遺伝子変異が見つかり、その遺伝子変異に対して効果が期待できる薬がある場合には、臨床試験などを含めてその薬の使用を検討します。

●がん遺伝子パネル検査を受けても必ず治療法が見つかるわけではありません。
  • 検査の結果、遺伝子変異が見つからない場合もあります。

  • 治療選択に役立つ可能性がある遺伝子変異は、約半数の患者さんで見つかります。しかし、遺伝子変異があっても、使用できる薬がない場合もあります。自分のがんに合う薬の使用(臨床試験を含む)に結びつく人は、全体の10%程度といわれています。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ