このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
さまざまな症状への対応

呼吸困難・咳・痰

~がんの治療を始めた人に、始める人に~

1.呼吸困難・咳・痰について

呼吸困難とは、「息切れや息苦しさ」などの、呼吸をするときの不快な感覚のことです。肺がんの患者さんに多くみられますが、そのほかのがんでも起こることがあります。咳や痰は、がんの治療開始前からみられることがあります。

2.原因

がんそのものや、がんの治療が原因となることがあります。

3.呼吸困難になったり、咳・痰が出たりしたときには

まずは原因をみつけるために問診や検査を行い、原因によって酸素吸入、胸腔穿刺ドレナージ、薬による治療などを行います。

4.ご本人や周りの人ができる工夫

  • 換気をよくし、室温をやや低めに調整する
  • 上半身を起こすなど、楽だと思える姿勢をとる
  • うがいをして口の中をうるおし、痰をこまめに出す

5.こんなときは相談しましょう

  • 呼吸がしづらいと感じる場合には、医師や看護師に相談しましょう。
  • 呼吸困難が急に起こった場合には、ただちに受診しましょう。
更新・確認日:2019年02月18日 [ 履歴 ]
履歴
2019年02月18日 内容を更新し、タイトルを「呼吸困難」から「呼吸困難・咳・痰」に変更して再掲載しました。
2005年10月21日 更新しました。
2000年05月31日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴