本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 悪性腹膜中皮腫

悪性腹膜中皮腫(あくせいふくまくちゅうひしゅ)

更新・確認日:2019年05月09日 [ 履歴 ]
履歴
2019年05月09日 新規掲載しました。

1.悪性腹膜中皮腫とは

悪性腹膜中皮腫は、おなかの内側(腹腔)を包む膜(腹膜)の表面をおおう中皮細胞から発生する腫瘍です。同じように腹膜から発生する腹膜がんとは別の疾患です。

悪性腹膜中皮腫は腫瘍細胞の組織型診断によって、上皮型、肉腫型、二相型に分類されます。

2.症状

悪性腹膜中皮腫は、多くの場合、早期では無症状です。進行すると、腹水が溜まることによる腹部膨満感(おなかが張った感じ)、腹痛、腰痛、食欲低下、排便の異常、腹部のしこりなどが起こります。

3.患者数(がん統計)

悪性中皮腫(悪性胸膜中皮腫を含む)は、新たに診断される患者さんの人数が、1年間に約840人と少ないがんです。
※参考文献:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」全国がん罹患モニタリング集計 2014 年罹患数・率報告,2018年

4.発生要因

悪性腹膜中皮腫の発症には、アスベスト(石綿)が関与していることが知られています。アスベストを吸ってから悪性腹膜中皮腫が発生するまでの期間は、平均で40年ほどとされます。日本におけるアスベスト輸入量のピークは1970年代半ばですが、使用が全面禁止されたのは最近のことです。
関連情報
●悪性腹膜中皮腫に関する情報
●情報が見つからないときには
「国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●病院の探し方について相談したいときには
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ