このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

原発不明がん

げんぱつふめいがん

1.原発不明がんについて

1)原発不明がんとは

原発不明がんとは、転移したがんがあるとわかっていても、最初にどこから発生したかわからないがんのことです。

2)症状

がんが体のどこに広がっているかによって異なり、できた臓器に関連した症状があらわれる場合もありますが、症状があらわれない場合もあります。症状の例には、以下のようなものがありますが、これらの症状があってもがんではない場合もあります。気になる症状が長く続く場合には、かかりつけの医師などに相談してみましょう。

(1)リンパ節の

首の周り、わきの下、太もものつけ根などのリンパ節は体の表面にあるので触れやすく、リンパ節に転移した場合には痛くないしこりとして見つかることがあります。

(2)胸水、腹水

胸水がたまると息苦しさが出ることがあります。また、腹水がたまると腹部膨満感(おなかが張る感じ)が出てくることがあります。

(3)肺腫瘍、肝腫瘍

肺腫瘍によって咳や胸痛、嗄声させい(声のかすれ)などが出ることがあります。肝腫瘍の大きさや場所によっては、おなかの上部の不快感や膨満感が出たり、腫瘤しゅりゅうに触れたりすることがあります。また、症状がない場合でも、健康診断などで実施される胸部X線検査や超音波(エコー)検査で、肺や肝臓に腫瘍が発見されることがあります。

(4)骨の症状(痛み、しびれ、麻痺まひなど)

骨の痛みや、骨に移ったがんが神経を圧迫することによるしびれや麻痺が起こることがあります。骨のX線検査で異常が見つかる場合や骨折で見つかる場合もあります。

2.検査

がんの疑いがあるときや治療中・治療後に受けることの多い検査についての情報です。

3.治療

原発不明がんの治療に関する情報です。

※海外の医療事情に基づく情報が含まれており、日本では認められていない治療や薬、行われない補完代替療法等の情報も含まれています。
診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報です。
手術・薬物療法・放射線治療など主な治療法についての情報です。

4.療養

がんの治療に伴う症状や自宅での生活の工夫などに関する情報です。

5.臨床試験

国内で行われている原発不明がんの臨床試験が検索できます。

がんの臨床試験を探す チャットで検索
「チャットで検索」では、がんの種類や都道府県などの調べたい言葉(キーワード)を入力して、検索することができます。

がんの臨床試験を探す カテゴリで検索 原発不明がん
「カテゴリで検索」では、広い範囲で検索します。そのため、お探しのがんの種類以外の検索結果が表示されることがあります。

  • 臨床試験への参加を検討したい場合には、今おかかりの担当医にご相談ください。
  • がんの種類によっては、臨床試験が見つからないこともあります。また、見つかったとしても、必ず参加できるとは限りません。
検索の前に、がんの臨床試験についてこちらをご確認ください。
「がんの臨床試験を探す」の使い方のコツや注意事項がまとめてあります。

6.患者数(がん統計)

原発不明がんは、全悪性固形腫瘍の3~5%を占めるとされます。ただし、日本では原発不明がんについて全国規模の統計はなく、正確な罹患率は不明です。

7.相談先・病院を探す

情報や病院などが見つからないときにはご相談ください。

情報が見つからないときには
がんの相談窓口や病院を探したいときには
病院の探し方について相談したいときには
診療経験のある病院を探したいときには
上のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。

8.参考資料

  1. 日本臨床腫瘍学会編.原発不明がん診療ガイドライン 改訂第2版.2018年,南江堂.
更新・確認日:2021年02月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年02月01日 関連情報に「がんの臨床試験を探す」へのリンクを追加しました。
2020年10月14日 構成を変更し、希少がんセンターへのリンクを追加しました。
2019年07月22日 新規に追加された用語へのリンクを追加しました。
前のページ
病名から探す
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴