本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 褐色細胞腫

褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)

更新・確認日:2021年01月27日 [ 履歴 ]
履歴
2021年01月27日 新規掲載しました。

1.褐色細胞腫とは

褐色細胞腫は、副腎髄質ふくじんずいしつから発生する腫瘍です。約30~40%は、家族内で発症する遺伝性腫瘍であるといわれています。

副腎髄質は、左右の腎臓の上にある副腎の中心部分です。副腎髄質は、交感神経に働きかけて、血圧や心臓の働きを調節するカテコラミンと呼ばれるホルモンを分泌しています。
褐色細胞腫は、カテコラミンを過剰に分泌する特徴があります。

褐色細胞腫と同じようにカテコラミンを過剰に分泌する腫瘍に、パラガングリオーマがあります。パラガングリオーマは、副腎髄質以外の場所で発生します。

2.症状

褐色細胞腫がカテコラミンを過剰に分泌することによって、血圧や血糖が高くなることがあります。頭痛がする、動悸がする、汗をかきやすい、便秘になる、不安な気持ちが強くなるなどの症状が起こることもあります。

3.患者数(がん統計)

褐色細胞腫は、新たに診断される人が、1年間に10万人あたり1人未満と少ないがんです。

4.参考文献

1)日本内分泌学会「悪性褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成」委員会編.褐色細胞腫・パラガングリオーマ診療ガイドライン2018.2018年,診断と治療社.
2)Matsuda T,et al.Rare cancers are not rare in Asia as well: The rare cancer burden in East Asia.Cancer Epidemiology.2020;Volume 67,doi/10.1016/j.canep.2020.101702.
関連情報
●褐色細胞腫に関する情報
国立がん研究センター希少がんセンター 褐色細胞腫国立がん研究センター公式サイトへのリンク
外部サイトへのリンク(公財)神戸医療産業都市推進機構 がん情報サイト PDQ® 日本語版 褐色細胞腫と傍神経節腫の治療(PDQ®)
※海外の医療事情に基づく情報が含まれており、日本では認められていない治療や薬、行われない補完代替療法等の情報も含まれています。

●情報が見つからないときには
国立がん研究センター希少がんセンターの「希少がんホットライン国立がん研究センター公式サイトへのリンクもご利用ください。
希少がんホットラインのバナー
●病院の探し方について相談したいときには
●診療経験のある施設を探したいときには
次のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
施設別がん登録件数検索システム がん種別の診療数で病院を探してもらう
●臨床試験に関する情報を知りたいときには
国内で行われている臨床試験に関しては、次のリンク先で検索することができます。
がんの臨床試験を探す カテゴリで検索 腹部の希少がんがんの臨床試験を探すへのリンク
※臨床試験が見つからない場合には、カテゴリを追加して検索することもできます。
がんの臨床試験を探す チャットで検索がんの臨床試験を探すへのリンク
※「チャットで検索」では、がんの種類や都道府県などの調べたい言葉(キーワード)を入力して、検索することができます。臨床試験が見つからない場合には、どのような言葉で調べればよいか、ご自身の担当医にご相談ください。
がんの種類によっては、臨床試験が見つからないこともあります。また、見つかったとしても、必ず参加できるとは限りません。
臨床試験が見つかった場合には、臨床試験に参加できるかどうかをご自身の担当医にご相談ください。
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ