このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
診断と治療

小児がんの治療

小児がんは、手術治療、薬物療法、放射線治療、造血幹細胞移植などを組み合わせて治療します。

小児がんは、数が少なく種類が多いため、症例経験の多い病院での治療が望まれます。

治療後には、体調の変化やがんの再発がないかなどを確認するため、検査を行います。入院を継続して経過観察を行うこともあります。

更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 掲載しました。
前のページ
診断と治療
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴