このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
味覚やにおいの変化

味覚やにおいの変化 
もっと詳しく

~がんの治療を始めた人に、始める人に~

1.味覚やにおいの変化について

がんの治療に伴って、食べ物の味やにおいの感じ方に変化が表れることがあります。

味覚の変化については、食べ物の味を感じにくくなる、苦味や金属のような味を感じる、本来の味とまったく異なった味に感じる、砂をかむような食感になるなどの症状が出ます。また、口の中の粘膜が炎症を起こし、刺激物に対して敏感になることもあります。

においの感じ方の変化については、食べ物のにおいや花・香水の香りを感じなくなる、不快に感じるなどの症状が出ます。

これらの症状によって食欲や食事の量が減り、栄養が不足することもあります。

2.原因

1)味覚の変化

味は、舌に多く分布している味細胞(味蕾みらいともいいます)というセンサーに食べ物が触れることによって感知され、「甘味、苦味、酸味、塩味、うま味」として認識されます。

薬物療法や、頭頸部とうけいぶがん(口、のど、耳などのがん)に対する放射線治療によって、味細胞が損傷したり、味細胞を作るのに必要な亜鉛の吸収が妨げられたりすると、味覚障害が起こります。薬の種類によっては、唾液に分泌された薬の代謝物によって、苦味や金属のような味を感じることもあります。

また、舌や歯、歯茎が汚れていたり、口内が乾燥したり、唾液の分泌が少なくなったりすることによって、味覚が変わることもあります。唾液の分泌が少なくなる原因には、放射線治療の影響で唾液腺が萎縮することによって起こることもあります。その他には、口内の感染症(カンジダ症など)も味覚が変わる原因となります。

2)においの感じ方の変化

においは、鼻の奥の粘膜にある嗅細胞(においを感じる細胞)に、においの分子が付着することによって感知され、脳で認識されます。

薬物療法や放射線治療によって嗅細胞が損傷することで、においを感じにくくなったり、敏感になったりします。鼻腔びくうがんなどでは、がん病変そのものや、がんを取り除くための手術(外科治療)が原因となることもあります。

3.味覚やにおいの変化が起きたときには

1)味覚の変化

体の中の亜鉛や鉄の量が味覚と関係するといわれており、飲み薬が処方されることがあります。また、口内を清潔にしてうるおいを保つように心がけることが大切です。口内が乾燥していたり、唾液の分泌が少なくなったりしている場合には、唾液の分泌を促す薬や人口唾液が処方されることがあります。

薬物療法による味覚障害は、多くの場合、薬の使用を終了してから数カ月程度で改善していきます。

2)においの感じ方の変化

においについては、生活の工夫を行いながら、自然に回復するのを待ちます。

4.ご本人や周りの人ができる工夫

1)味覚の変化

(1)口腔ケア

毛の柔らかい歯ブラシで、舌や歯、歯茎への優しいブラッシングを、食後や就寝前などに1日2~4回行います。うがいもこまめに行いましょう。入れ歯の人は、毎食後口をすすぎ、少なくとも1日2回は柔らかいブラシ(スポンジブラシなど)で歯茎や舌へのブラッシングを行います。

(2)口内の保湿

口内が乾燥しているときには、水で塗らしたガーゼで口をぬぐったり、市販の口腔保湿剤(ジェルタイプやスプレータイプがあります)を使ったりすることで症状が緩和します。あめやガムを食べたり、食事の際によくかんだりすることは、唾液の分泌を促します。

(3)食事の工夫

食べたいときに、食べたいものを、無理せず少量ずつ食べることが大切です。味の感じ方は人によって異なるため、症状に合わせて味付けや調理法を工夫します。

  • 味を感じにくい場合は違うタイプのだしを追加したり、酢の物、からしあえ、ケチャップやマヨネーズあえなどで酸味を加えたり、バターや牛乳、チーズ、ゴマなどでコク味を加えたりするなど味付けを工夫してみましょう。味を感じやすい温度(人肌程度)にして食べるのもお勧めです。
  • 塩味に苦味を感じたり、金属のような味を感じたりする場合は、食材の味を生かしたシンプルな調理にする、マヨネーズで苦味を抑えるなどの工夫が効果的なこともあります。また、しょうゆに苦味を感じることも多く、その場合は和食よりも洋食の方が食べやすいことが多いです。
  • 一般に、味覚が変化しているときには、カレーライスなどの丼物や、イモ類、カボチャ料理が食べやすいといわれています。

2)においの感じ方の変化

(1)においへの工夫

がんの治療中は、食品のにおいに限らず、芳香剤やたばこ、アロマオイルのにおいなど、家庭内や外出先で触れることの多いにおいを不快に感じることがあります。においの強いものにはなるべく近づかないようにしましょう。また、自分が不快と思うにおいについて周りの人にも伝えて避けられるようにするのも良い方法です。

換気を積極的に行ったり、においの少ない調理法を工夫したりしましょう。炊き立てのごはんや温かい食事のにおいが気になる場合は、冷ましてから食べたり、すし飯やサンドイッチなど冷たいものを試したりします。また、においが気になるときには時間をかけずにテンポよく食べることも良いといわれています。

においへの嫌悪感は、薬物療法後の3~7日頃に起こることが多いといわれています。この時期には、調理時間短縮のため、レトルト食品や冷凍食品、市販のお総菜、缶詰などを利用することも効果的です。

(2)周りの人へ

がんの治療中は、さまざまなにおいを不快に感じることがあります。自分からは、家族や周りの人にはにおいの不快感について話しづらいかもしれません。ご本人にとってどんなにおいが不快か確認し、できるだけご本人に近づけないようにしましょう。

5.こんなときは相談しましょう

味やにおいの感じ方が変わったら、遠慮なく医師や歯科医師、看護師、栄養士に相談しましょう。
また、味やにおいの感じ方に変化が出ることがわかっている薬もあるので、治療を行う前に、医師に予定している治療法、薬の種類、予測される症状、それに対する生活の工夫について確認しておくことも大切です。

6.参考文献

  1. 国立がん研究センター看護部編.国立がん研究センターに学ぶがん薬物療法看護スキルアップ.2018年,南江堂
  2. 国立がん研究センター.平成30年度 厚生労働省・国立がん研究センター委託事業 全国共通がん医科歯科連携講習会テキスト 第2版.2018年
  3. 独立行政法人医薬品医療機器評価機構ウェブサイト.重篤副作用疾患別対応マニュアル(医療従事者向け)抗がん剤による口内炎.2009年(閲覧日:2019年11月7日)
  4. 独立行政法人医薬品医療機器評価機構ウェブサイト.重篤副作用疾患別対応マニュアル(医療従事者向け)薬剤性味覚障害.2011年(閲覧日:2019年11月7日)
  5. 日本がん看護学会監修.がん治療と食事 治療中の食べるよろこびを支える援助.2015年,医学書院
  6. 日本がんサポーティブケア学会 粘膜炎部会編.「JASCCがん支持医療ガイド翻訳シリーズ」口腔ケアガイダンス 第1版日本語版.2018年
  7. 日本口腔ケア学会学術委員会編.口腔ケアガイド.2012年,文光堂
  8. American Cancer Societyウェブサイト.https://www.cancer.org/,Taste and Smell Changes;2018(閲覧日:2019年11月7日)
  9. Cancer Research UKウェブサイト.https://www.cancerresearchuk.org/,Changes in your sense of smell,Tips for diet problems; 2018(閲覧日:2019年11月7日)
  10. National Cancer Instituteウェブサイト.https://www.cancer.gov/,Eating Hints: Before, during, and after Cancer Treatment;2018(閲覧日:2019年11月7日)
  11. 江口研二ほか編.支持・緩和薬物療法マスター がん治療の副作用対策.2011年,メジカルビュー社
  12. 森田達也ほか監修.緩和ケアレジデントマニュアル.2016年,医学書院

本ページの情報は、「『がん情報サービス』編集方針」に従って作成しています。
必ずしも参照できる科学的根拠に基づく情報がない場合でも、有用性や安全性などを考慮し、専門家および編集委員会が評価を行っています。

更新・確認日:2019年11月19日 [ 履歴 ]
履歴
2019年11月19日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴