このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
乳がん

乳がんについて

診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については以下の「治療にあたって」をご参照ください。

1.乳房について

乳房にゅうぼうは、母乳(乳汁)をつくる乳腺にゅうせんと、それを包む脂肪組織からなります。

乳腺は、乳頭から放射状に張り巡らされている15〜20の乳腺にゅうせんように分かれています。乳腺葉は、乳管と乳腺にゅうせん小葉しょうようからできています。乳腺小葉は腺房せんぼうという小さい組織が集まって形づくられています(図1)。

また、乳房には、多くのリンパ管が通っており、乳房の外側のリンパ節のほとんどが腋窩えきかリンパ節(わきの下のリンパ節)に集まっています。このほかに、乳房から近いリンパ節として、乳房の内側の胸骨の隣にある内胸リンパ節と、鎖骨の上にある鎖骨上リンパ節があります(図2)。

女性の乳房では、授乳期にホルモンの作用で腺房が発達して母乳がつくられ、乳管を通して分泌されます。

2.乳がんとは

乳がんは乳腺の組織にできるがんで、多くは乳管から発生しますが、一部は乳腺小葉から発生します。男性にも発生することがあります。男性も、女性と同様に多くは乳管からがんが発生します。

乳がんは、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺など)に転移することがあります。

なお、乳腺以外の乳房の組織から発生する腫瘍もあります。

3.症状

乳がんの主な症状は、乳房のしこりです。ほかには、乳房にえくぼやただれができる、左右の乳房の形が非対照になる、乳頭から分泌物が出る、などがあります。

乳がんは自分で見つけることのできるがんの1つです。日頃から入浴や着替えのときなどに、自分の乳房を見たり触ったりして、セルフチェックを心がけましょう。ただし、セルフチェックでは見つけられないこともあるため、定期的に乳がん検診を受けることも重要です。

乳房のしこりは、乳腺症など、乳がん以外の原因によっても発生することがあります。気になる症状がある場合は早めに乳腺専門医を受診し、早期発見につなげましょう。

4.乳がんの種類

乳がんは大きく非浸潤がんと浸潤がんに分けられます。非浸潤がんは、がん細胞が乳管や乳腺小葉にとどまっているがんです。浸潤がんは、乳管や乳腺小葉の周囲まで広がっているがんです。

浸潤がんの中で最も多いのは浸潤性乳管がんです。その他に特殊型がん(粘液がん、腺様嚢胞せんようのうほうがんなど)や炎症性乳がんなどがあります。

5.関連する疾患

1)乳腺症

乳腺症は、30〜40歳代の女性に多くみられる乳腺の良性の変化で、基本的に治療は必要となりません。また、一部を除けば、将来がんになることはありません。主な症状はしこりや痛みで、月経前に増大し月経後に縮小します。

2)乳腺悪性葉状腫瘍

葉状腫瘍は、乳房にできる腫瘍の1つです。腫瘍の性質から良性と悪性、良性と悪性の中間の3つに分かれます。

更新・確認日:2021年10月14日 [ 履歴 ]
履歴
2021年10月14日 「5.関連する疾患」を更新しました。また、「関連情報として「国立がん研究センター希少がんセンター 男性乳がん」「国立がん研究センター希少がんセンター 特殊型乳がん」「国立がん研究センター希少がんセンター 乳腺悪性葉状腫瘍」へのリンクを掲載しました。
2020年07月09日 「日本乳癌学会編 乳癌診療ガイドライン(1)治療編2018年版」「日本乳癌学会編 乳癌診療ガイドライン(2)疫学・診断編2018年版」「日本乳癌学会編 臨床・病理 乳癌取扱い規約 第18版(2018年)」により、内容を全面的に更新をするとともに、4タブ形式に変更しました。
2019年06月10日 関連情報として「日本乳癌学会 患者さんのための乳癌診療ガイドライン」へのリンクを掲載しました。
前のページ
乳がん
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴