本文へ移動
HOME > 診断・治療 > がんの治療方法 > 手術(外科治療) > 手術(外科治療) まず、知っておきたいこと

手術(外科治療) まず、知っておきたいこと

更新・確認日:2019年10月24日 [ 履歴 ]
履歴
2019年10月24日 掲載しました。
●手術では、がんや、がんのある臓器を切り取ります(切除します)。
手術の目的は、腫瘍や臓器の悪いところを取り除くことです。また、手術で臓器を切除したことによって正常な機能が失われてしまう場合には、臓器同士をつなぎ合わせるなどの機能を回復させるための手術(再建手術)を行うことがあります。

がん細胞は周囲の組織に広がったり(浸潤)、リンパ管や細かい血管に入ってリンパ節や他の臓器に広がったり(転移)することがあります。そのため、一般的にがんの手術ではがんができた臓器を大きめに切除します。手術の際には、手術の痛みを取り除き、安全に受けられるように、麻酔をかけて行います。
●手術の方法は、がんの種類や病気の進み具合などで選択されます。
手術する部位を直接目で見てがんを取り除く方法(開腹手術や開胸手術など)や、手術する部位を腹腔鏡や胸腔鏡で見ながらがんを取り除く方法(腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術、ロボット支援下手術など)があります。
●医師からの説明内容を十分に理解し、患者本人が納得できた場合に手術を行います。
手術法決定までの大まかな流れは以下のようになります(図1)。
がんの診断後、詳しく検査を行ってがんの進行の程度(病期・ステージ)を診断します。手術が選択できる治療法の1つである場合には、担当の医師から手術の方法の提案を含んだ詳しい病状説明が行われます。治療の選択肢についてほかの医師による説明も聞きたいと思う場合には、セカンドオピニオンを聞くこともできます。患者本人と家族が医師からの説明内容を十分に理解し、本人が納得できた場合には、手術の同意書にサインします。
図1 手術法決定までの流れ
図1  手術法決定までの流れ
●手術にはリスクや合併症が起こる可能性があります。
手術は体に大きなストレスや侵襲(体の内部の状態を乱す刺激)を加えますので、手術中や手術後の経過が100%良好であるとは限りません。手術の前には、担当の医師から手術のリスクや合併症について説明があります。十分に納得したうえで手術に同意することが大切です。

合併症とは、手術後の好ましくない症状や状態のことをいいます。合併症は手術の部位によってさまざまです。起こった場合には、それぞれの状況に応じて治療が行われます。これらの合併症の予防と、手術後の身体機能の早期回復のために、多くの場合、手術の前からリハビリテーションを行います。
●手術後には経過観察や定期検診を行います。
退院後は、外来で経過を観察し、体調の変化や再発・転移の有無を調べます(定期検診)。
●作成協力
この「手術(外科治療) まず、知っておきたいこと」は、全国がんセンター協議会および厚労科研(H29がん対策‐一般‐005)の全面的なご協力により作成されました。
『がん情報サービス』情報作成協力者一覧 1.2019年度のご協力者
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ