このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
中咽頭がん

中咽頭がんについて

1.中咽頭について

咽頭は、鼻の奥から食道までの飲食物と空気が通る部位で、筋肉と粘膜でできた約13cmのくだです。咽頭は上からそれぞれ、上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つの部位に分かれています(図1)。

中咽頭とは、咽頭の中間部分で、軟口蓋なんこうがい(口の上部の奥にある柔らかい部分)、口の奥の突き当たりの壁、口蓋扁桃こうがいへんとう舌根ぜっこん(舌の付け根部分)が含まれます。軟口蓋は、飲食物を飲み込むときに上がり、鼻腔への通り道をふさぎます。この動きによって、飲食物は鼻腔に流れず、下咽頭へ送られます。
なお、頭頸部とうけいぶとは、脳、目、首の骨(頸椎)を除いた頭と頸部(首)のことで、鼻や口、あご、のど、耳、またそれらの周囲の臓器を指します。

図1 頭頸部の構造
図1 頭頸部の構造図

2.中咽頭がんとは

中咽頭がんは、中咽頭に発生するがんで、頭頸部がんの1つです。発生するがん細胞の種類(組織型)は、ほとんどが扁平へんぺい上皮がんです。

発生には、喫煙と飲酒のほか、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染が原因となっているものがあることが分かっています。ヒトパピローマウイルス感染に関連した中咽頭がんは、そうでないものに比べて予後が良いことが知られています。

咽頭の周りには多くのリンパ節があるため、頸部(首)のリンパ節に転移しやすいという特徴があります。がんの発見時に頸部リンパ節への転移が見つかることも珍しくありません。また、先に頸部リンパ節転移が見つかり、原発巣を探していくうちに中咽頭がんであることがあとから分かることもあります。

3.症状

中咽頭がんは、初期のうちは自覚症状が見られないことがあります。

症状としては、飲み込むときの違和感、おさまらない咽頭痛、のどからの出血、口を大きく開けにくい、舌を動かしにくい、耳の痛み、口の奥・のど・首にできるしこり、声の変化があげられます。

このような症状がある場合には、早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

4.関連する疾患

中咽頭がんと同時、または異なる時期に、口腔、喉頭、食道などのほかの臓器にがん見つかることがあります。中咽頭がんの原因の1つである喫煙や過度の飲酒は、これらのがんの発生要因でもあると考えられているためです。このように、異なる臓器に発生するがんのことを重複がんといいます。

更新・確認日:2023年01月05日 [ 履歴 ]
履歴
2023年01月05日 「頭頸部癌診療ガイドライン 2022年版」「頭頸部癌取扱い規約 第6版補訂版」より、内容を更新しました。
2019年04月23日 「4.統計」の項目名を「4.患者数(がん統計)」に変更し、内容を更新しました。
2018年11月29日 「頭頸部癌診療ガイドライン 2018年版」「頭頸部癌取扱い規約 第6版(2018年)」より、内容の更新をするとともに、4タブ形式に変更しました。
2013年03月14日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
2006年03月16日 内容を更新しました。
1997年05月12日 掲載しました。
前のページ
中咽頭がん
よりよい情報提供を行うために、
アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートはこちらから
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴